FC2ブログ

ミッチーの日常風景

だらだらと綴るのみ。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポケモンXY】第6世代版バシャバンギ考えてみた【シングルレート】

どうもミッチーです。
少し時期が遅くなってしまいましたが、新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ここ最近ブログの閲覧数が着実に増えており、僕としてはこんな拙いブログでも見てくださる人がいるんだなと思うと嬉しくなりますね・・参考になるかはわかりませんが、是非今後とも覗いてやってください。
もちろんコメントも募集してますよ!


さて新年一発目の記事はシングルですね。
ここ最近のホットなニュースはやはり
ムーバー再始動
でしょうね。
ムーバー難民の皆さんも待ち望んでいたのではないでしょうか?
前回の記事にも書きましたが、僕もそんなムーバー難民の一人であり、本当に待ち望んだ解禁でしたね。
使いたいポケモンやPTを考えるとムーバーが必要になったりしてイライラしたので僕はスペシャルルール第2シーズンのカロスダブルに潜ってました()

しかしまぁ・・皆ボルト使ってるのに俺だけなんで使えないんじゃ!って思いながらポケモンモチベを奪われていた日々とはもうおさらばですね!!



今回の記事はムーバー再始動前におもむろに組んでいた趣味型のレートパを紹介します。
一部ムーバー解禁個体にしましたが、ムーバー解禁前の考察と合わせて紹介するので、まだムーバーやってないor第6世代からポケモンを始めた方にも楽しんでいただけるようなPTじゃないかなと思います。

バシャバンギとは?
ニコニコ動画にてバトレボ時代からポケモン実況動画を投稿していらっしゃる有名動画投稿者、@犬神さんの主張したバシャーモとバンギラスの並びの相性の良さに関する理論ですね。
第5世代の中期に提唱されたこの理論、加速バシャーモを止めに来たヤドラン・ブルンゲル・シャンデラ等をバンギの後出しから追い打ちで確実に処理し、バシャの全抜き体制を作り上げる・・というものですね。

@犬神さんはこの構築でニコ動にて行われた、ののの氏主催の実況者大会「王国杯」に出場し、3位という輝かしい成績を収めています。
犬神さんVS暇士さんの対戦は皆さんの記憶にも色濃く刻まれているのではないでしょうか?

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%90%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%
B3%E3%82%AE

↑ニコニコ大百科「バシャバンギ」

第6世代になって加速バシャーモは非常に簡単に入手できるようになりました。
僕も以前からバシャバンギは使ってみたかったので、ムーバー云々で使いたいPTがなかったのもあって今回思い切って構築を考えてみようと思い至ったわけです。

第6世代のバシャバンギが新たに意識する点としては
マリルリ、ファイアローの登場によるバシャーモの動きづらさ+全抜き性能の低下
ギルガルド、ゲンガー等の流行による飛び膝のリスクの更なる増加、及びフェアリーによる一貫性の低下
・以前としてガブリアスを中心とする環境における加速の有用性
・それに伴うバンギラスとの補完の更なる向上とバンギラスの役割対象の増加
・オーバーヒート、大文字、めざパ等の技威力低下
・バシャーモ、バンギラス、共にメガ進化を獲得
・ジュエルの消滅によりジュエル追い打ちが不可に

大体こんな感じでしょうか。
特にファイアローとマリルリの流行による動きづらさは苦しいものがありますね。
マリルリに弱いのは昔からですが今回では格闘や悪耐性までつけられたので散々です。
正直第6世代の現環境を考えればそこまで動きやすい構築とは思いませんが、対ガルーラへの圧力等確かに光る部分があり、研究次第では十分戦えると判断した結果、構築を組むことにしました。


PTメンツはバシャバンギガルドWロトムキッスメガバナの6匹です。
257_0.png248_0.png681_0.png
479-wash_0.png468_0.png003-megaevol_0.png


バシャーモ かそく NN:ロウ
257_0.png
むじゃき H28 C244 S236
個体値:31-28-30-31-15-31
実数値:159-139-90-161-82-143
飛び膝/オバヒ/めざ氷/守る@珠
【調整】
H
10n-1調整 珠ダメ最小
A
珠飛び膝でH252振りヒードラン確殺
珠飛び膝で補正込H4B252振り輝石ラッキー低乱数1(25%)→ステロ込で最低乱数以外確殺
(個体値Uなら31.3%のステロ込み確定なので最低乱数引いたら妥協したことを後悔すべし)
C
珠オバヒでH252振り盾ギルガルド確殺
珠めざ氷でD4振りガブリアス高乱数1(93.8%)
S
最速ヒードラン抜き抜き
1段階上昇で最速140族抜き
2段階上昇で最速スカーフ120族+3、2段階上昇準速90族+2
(最速スカーフガブリアス、砂下準速ドリュウズ抜き)

CSベース珠バシャーモ
妥協個体ですが必要な部分の数値は確保できています。
面倒なガルドやガブ、ヒードラン等をまとめて処理できるのが強みですね。
飛び膝の火力は足りないのでステロや蜻蛉ルチェン等PT単位での削りが必要になります。
めざパの威力低下によりガブをめざ氷で落すための努力値が非常に多くなってしまったので、いっそCSベースにしました
おかげで輝石ラッキーへの飛び膝の火力が凄く怪しいことに・・。
第5世代ではどちらも余裕で両立できていたので、やはり技威力の低下は苦しいと思いつつもゲーフリの良調整といったところでしょうか。
オバヒを採用したのは大文字だと盾ガルドが中乱数だからですね。やはり技威力の低下は(ry
某アグノム好き実況者さんが使ってたバシャと恐らく同じ配分・技構成になると思われます。
ホントよく考察していらっしゃる・・流石です。
技構成からもわかる通り剣舞もなければオバヒなんて打ち逃げ技も積んでいるので、このバシャは全抜きよりもバンギの苦手なポケモンの処理+後続の削りに重点を置いた型になります。
ファイアローやマリルリの流行で全抜きエースというよりは、こういうS上昇+αのような形の型のほうが動きやすいのではないかと思いました。

NNは『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』の主人公、ロウ・ギュールより。
熱血主人公のロウとオバヒを打ち逃げするこの型を重ねた感じですね。カラーも赤いし。
レッドフレームと加速っていうのもなんとなくセットになりそうなイメージです。EXVSの特射のイメージからかな??
こいつが登場したらBGMはZIPSでいきましょう!!


バンギラス すなおこし NN:ザンジバル
248_0.png
いじっぱり H252 A172 D84  
個体値:31-31-31-*-31-31
実数値:207-193-130-*-131-81
エッジ/追い打ち/冷凍B/ステロ@帯→エッジ/追い打ち/冷凍P/ステロ@帯
【調整】
A
火傷込み帯エッジでH252振りファイアロー確殺
帯エッジでH252振りトゲキッス確殺
帯おいうちでH252振りラティアス確殺
帯成功おいうちでB特化クレセリア確2
C
帯冷凍Bで無振りガブリアス低乱数1(6.3%)
エッジ→帯冷凍Bで無振りガブリアス確殺
D
メガリザードンのC特化ソラビ砂嵐補正無しで確定耐え
メガフシギバナのC特化ギガドレイン確3
ラティオスのC252振り珠波乗り確3
WロトムのC特化ドロポン確定耐え

HAベース帯バンギラス
バシャーモの飛び膝受けに出てきた超霊+ファイアローに投げる型として採用しました。
エッジは火傷状態でもファイアローを殺すために、冷凍Bはムーバーが無くて冷凍P持ちがいなかったのでせめてガブの起点にならないように採用しました。(後に冷凍P持ちに変更しています)
こちらは特殊技の威力低下の恩恵を大きく受けたポケモンでしょうね。とうとうH振りだけでラティオスの眼鏡流星群を2連耐えするようになったそうです・・・。
基本的には超霊やファイアローに繰り出してステロを撒きつつ追い打ちで相手を削る感じです。
持ち物はクレセリアとトゲキッスへのダメージを考えて帯で採用、正直配分に余裕があるのでAにもう少し割いて持ち物を他のものに変更したほうが強いと思います。今後の研究次第でしょう。

NNは『機動戦士ガンダム』のジオンの戦艦、ザンジバル級機動巡洋艦より。
ジオン唯一の大気圏内外両用巡洋艦で、後にも数々の同型艦が登場しています。
ジオンを支えた戦艦たちの名前はバンギラスにピッタリでしょう。


ギルガルド バトルスイッチ NN:アロンダイト
681_0.png681-blade_0.png
ゆうかん H252 A252 D4
個体値:31-31-31-30-31-0
実数値:(盾)167-112-170-70-171-58 (剣)167-222-70-170-71-58
シャドボ/聖剣/影うち/王盾@弱点保険
【調整】
HAぶっぱ
A
1舞影うちで無振りメガゲンガー確殺
C
2段階上昇シャドボで無振りガブリアス確2

HAぶっぱ弱点保険ギルガルド
後輩のむっしい君からの貰い物個体です。
対フェアリー全般、対格闘、飛行の一貫性排除のために採用しました。
本来この枠はロトムとのとんぼルチェン等の関係もあってメガハッサムになっていましたが、これ以上ファイアローに薄くなりすぎると判断してコイツにしました。未だに迷っているので最終的には変更になるかもしれません。
対メガルカリオや対ガブリアス等のキツい相手にもワンチャン対処できるのは魅力だと思います。
技は安定の4つで採用、対フェアリーへのアイヘも一考だったんですが、バナがいるので不採用にしました。
シャドボを剣舞にするのもアリかな?正直冷静HCを粘るのが面倒なのでこの個体を愛用していますがガブを一撃で落とせなくて困ったことはそこまでないです。むしろ保険影うちでゲンガーを何もさせずに落とせるのは強いのではないでしょうか??
持ち物は安定の弱点保険を採用。バシャバンギの並びが地面の一貫性を生むこともあって弱点保険の発動機会は多いでしょう。

NNは『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のシン・アスカの愛機、デスティニーの大剣「アロンダイト」より。
元々はアーサー王伝説に搭乗する円卓の騎士の一人であるランスロットの剣とされていますね。Fateにも登場してましたし。実際にはアーサー王伝説にこの剣は登場していないそうですけど。
剣のデザインのポケモンってのも新要素だとは思いますが、NNをつけるのに少し困りましたねww
ふと「デスティニーの剣の名前つけよう!大剣っぽいし!」って発想に至らなかったらなかなか思いつかなかったかもしれません。


Wロトム ふゆう NN:Sグラスパー
479-wash_0.png
おくびょう H164 C124 S220
個体値:31-*-31-31-31-31
実数値:146-*-127-141-127-147
ドロポン/10万ボルト/鬼火/ボルチェン@オボンの実
【調整】
B
メガギャラドスのA252振り地震最高乱数以外耐え(6.3%)
C
10万ボルトで無補正H252振りメガギャラドス高乱数2(91.8%)
S
最速ギャラドス抜き

既存のHSベースオボンの実Wロトム
http://micchi14226.blog.fc2.com/blog-entry-110.html
↑↑以前この記事で紹介したWロトムと同じ配分ですね。
対ギャラドスやマリルリをある程度任せつつ鬼火やボルチェンでのサポートが仕事になります。
もちろん対水と対飛行(特にファイアロー)も安定して任せられるのでバシャの補完には非常に優秀ですね。
その分若干耐久が足りない感もあるのでオボンの実で無理やり補強しました。
何故配分を変更しなかったかというと、想像以上にS振りロトムが使いやすかったからです。
バンギに上から鬼火撒いたり、面倒な相手から素早く逃げたり、スカーフでなくてもS振りロトムはかなり扱いやすいんじゃないかなと思います。そこそこのSラインのおかげで地味にWロトムミラーも強いですし。
オボンを持たせたおかげで今まで以上に耐久も安定したので、強力なポケモンですね。


トゲキッス てんのめぐみ NN:なし
468_0.png
ひかえめ H4 C252 S252
個体値:31-*-31-31-31-31
実数値:161-*-115-189-135-132
シャイン/エアスラ/放射/波動弾@スカーフ
【調整】
CSぶっぱ

CSぶっぱスカーフトゲキッス
友人でポケモンの師匠でもあるこうさんからの貰い物個体です。
対ガブリアスと地面の一貫性排除のために採用しました。バンギ、Wロトムとの補完もいいですね。
ひかえめC特化なので打点が結構高く、最後の抜きエースとしても優秀です。
スカーフポケモンのSを最速にするのに凄く抵抗があるのはユキトドガブで使ってたいじスカガブの弊害なのだろうか・・・。
技は安定の4ウェポンで採用、PTが催眠対策できてないので寝言でもよかったんですが、ヒードランの増加を危惧しての波動弾を切りたくなかったのと、あくまで趣味パなのでそこまで血眼にならなくてもいいかなぁと思って今回は寝言は不採用です。

NNは貰い物なので無しです。


フシギバナ しんりょく NN:ワイズマン
003_0.png003-megaevol_0.png
ひかえめ H252 B4 C140 D4 S108
[種族値]:80-82-83-100-100-80
個体値:31-*-31-31-31-31
実数値:187-*-104-151-121-113
メガフシギバナ あついしぼう
[種族値]:80-100-123-122-120-80
実数値:187-*-144-176-141-113
ギガドレ/ヘド爆/宿木/吠える@フシギバナイト
【調整】
C
11n調整 補正込み効率重視
S
準速バンギ抜き

HCベースメガフシギバナ
対マリルリ最強の駒として、またPTの水・電気の一貫性の排除ができるので採用しました。
何気にメガフシギバナを採用するのは今回が初めてですね。無振りでBとDが140台とかキチガイだろ・・・。
Sのラインはバンギ意識というよりはS調整マリルリ等に確実に先手を取るために振った感じですね。どっかのブログでそんな感じのことを見た気がするのでここのラインまで上げてみました。
ちょっと上げすぎかな?とも思いますが、準速バンギは抜いといて損はないでしょう。
残りはHにぶっぱ、Cにもぶっぱしたらちょうど綺麗な数字になりそうだったので微修正しました。
コイツが入っているので益々ファイアローが辛くなっていますが、バンギ達に頑張ってもらうしかないでしょう。
ひかえめにしたのはもちろんマリルリへの高い打点を期待してです。
技は一致の二つに加え、交換先に草以外とりあえず通る宿木を採用、バシャやガルドのための削りにもなります。
ラス枠は普通だと眠り粉安定なんでしょうが、このPTは積みエースがいない+ヒードランが出てきて身代わり張られると超面倒ということで、起点回避もできる吠えるを採用しました。ちらほら採用されている記事も見かけますし、悪い選択肢じゃないと思ってます。

NNは『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』のバーナード・ワイズマンより。
以前の記事にて紹介したフシギバナもそうでしたが、基本的にフシギバナはバーニィ関連でつけていきたいですね。
ネタが豊富って感じじゃなさそうなので個体数が増えないことを祈ろう・・・。



以上、自分なりに考えたバシャバンギ第6世代verでした。

鍵はマリルリ、ファイアローあたりをステロやWロトム等を駆使していかに早く削り殺すかに尽きます。
連中が消えればバシャーモが相当相手への圧力になるので、うまく削っていくのが大事でしょうね。
弱点はもちろん、催眠対策が全くないこと+上記の連中が処理できないまま対策ポケモンが落とされるとどうしようもないことでしょうね()
まぁあとはやっぱり命中不安でしょうか。
飛び膝、エッジ、ドロポン、鬼火、エアスラ、宿木・・これは酷い( ̄▽ ̄)
とてもレートパとは思えませんねww


まぁ趣味パなんでこんなもんかなと。
そもそも対戦回数がまだ少ないので、暇なときに軽い気持ちでちょくちょく潜っていく予定です。
メガルカリオ入りの方ほど価値に執着しなくていいのは気が楽でいいですねww
ムーバー解禁に伴い、PTの構築の自由度が跳ね上がったので、シングルのメガルカリオ軸をはじめPTはしっかりこれから考察していく必要があるでしょうね。

元々いろんなルールをやっているので、トリプルはもちろん、ダブルやローテ、スペシャルもいろんなPTを組むと思います。
機会があったまらまたそこらへんもちょくちょく紹介していきたいですね。




そんじゃまた



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://micchi14226.blog.fc2.com/tb.php/112-5da4c877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。