FC2ブログ

ミッチーの日常風景

だらだらと綴るのみ。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーブイフレンドリーマッチのお話

どうもミッチーです。



公式でイーブイフレンドリーマッチという大会が発表されましたね。
詳細はこちらです。
↓↓
http://3ds.pokemon-gl.com/information/72f8c13e-7d55-4880-9fe7-b095141809e0 
ポケモンGBL イーブイフレンドリーマッチ公式ページ

いわゆる「ブイズローテ」ってやつで、5世代でも公式大会が行われていたのですが、今大会ではニンフィアという新しいブイズが加わったのでまた環境が変動することが予想されます。
参加するかはともかく少し興味が沸いたので簡単に考察してみたいなと思って記事を書きました。
あくまで仮想の話なのでコラム程度に見ていただければなぁと思います。


【5世代でのブイズローテ】
さてさて5世代からの環境の変動というのはやはり気になるところだと思います。
そこで5世代のブイズローテがどのようなものだったから思い起こしてみましょう。
僕は実際に5世代のブイズローテに参加していたわけではないのですが、先輩や友人が参加していたので皆さんから聞いた情報、あとは自分で他所の方の考察を読んでた頃の記憶を思い起こしながら記事にしてみます。
間違っているところやこんなのもあったぜ!ってのがあれば是非教えてくださいね。
・安定感のあるサンダース、シャワーズ
元のルールでもちらほら見かけるハイスペックなブイズの代表格としてこの2匹は挙げられるでしょう。
高耐久で豊富な補助技を生かしやすいシャワーズ、そのシャワーズに有利で高速高打点を誇るサンダース、いずれも見逃せない強力な強みをもっていますね。
・剣舞リーフィアの抜き性能
夢特性で葉緑素を獲得したリーフィア、このポケモンは剣舞が使えます。
他のPTメンツに日本晴れをしてもらい、高速剣舞で上から高打点を叩き込むという強力な物理ATとしての活躍があったそうです。鋼タイプで完全に止まってしまう子ですが、ブイズにおいては鋼タイプが存在しないこともあり、草タイプを受けられるポケモンが限られていたので非常に強力だったといえます。
・物理受けブースター
ブースターの種族値見たことあんのか?と言われそうですが、先述のリーフィア無双を止められる唯一のポケモンとして注目が集まったポケモンです。元々通常のブイズでは鋼に高打点をたたき込めるやつが少なすぎるのでかなりこのポケモンが重要視されるらしいですが、今度は敵エースのストッパーということになりますね。
またブースター自身根性空元気という最メジャーな型が物理であるため、ミラーを止める意味でも物理受けは一定数いたようです。
・欠伸、願い事等豊富な補助技による耐久合戦
ブイズの豊富な補助技はローテにおいて有用なものが多く、欠伸による眠りや願い事による再生等でとにかく泥試合になりがちだったと聞きます。
高耐久のブラッキーやシャワーズがじっくり相手を削っていく戦術も多かったようですね。

【新要素】
それでは6世代での追加要素を見てみたいと思います。
といってもそこまで大きく変動しているわけではないですし、何を今更って感じですが一応確認のために。
・フェアリータイプ「ニンフィア」の追加
まぁ言うまでもありませんね。新タイプフェアリーのブイズとしてニンフィアが追加されました。高いCとDが特徴的なポケモンで、夢特性フェアリースキンにより通常ルールにおいても単数、複数問わずスキンハイパーボイスでそこそこ暴れている印象を受けます。
今大会では教え技は無しなのでハイボ連打ということはないでしょうが、フェアリースキン自体は健在なのでやはり強力なポケモンとして注目を集めるでしょう。
・ブースターに「フレアドライブ」追加
ついに念願の搭載となりました。高威力の一致物理技に恵まれなかったこのポケモンですが、フレドラを取得したことによりようやく一人前の炎ATとなったと言えるでしょう。
逆に言えばネタ的にオイシイところすら無くなって、いよいよウインディの影に怯えつつ差別化に必死にならざるをえなくなりましたが()
・特殊火力の低下による相対的な特殊耐久上昇及び特殊火力低下
特殊打点の多いブイズにおいてはどちらかというと火力低下によるデメリットのほうが目立つでしょうか。
シャワーズやブラッキー等特殊火力の低下による相対的な耐久上昇が非常にオイシイポケモンもちらほらいますね。
サンダース、やグレイシア、AT型のシャワーズやエーフィ等には厳しい修正かもしれません。


【どうなるブイズローテ?】
ここまで大まかな5世代~6世代のブイズローテの考慮すべき要素を並べてきました。
それでは今回のブイズローテ、一体どのような戦いが繰り広げられるのでしょうか?
あくまで推測の域を出ないのですが、個人的な意見を入れつつ予想していきたいと思います。
133.pngイーブイ
相変わらず特性「適応力」により恩返し、とっておき、じたばた、石火等、非常に厄介かつ高火力な技を打ち続ける火力厨になりそうですね。
なんでも鈍い1積み適応力とっておきでH振りのニンフィアが吹き飛ぶとのこと。(後輩談)
輝石をもっての補助もいいでしょうが、せっかくの貴重な高打点枠である以上、補助は他のブイズに任せてガンガン火力で押していきたいところです。
ブースターの鬼火や他のポケモンの甘えるには要注意ですね。

134.pngシャワーズ
耐久型もかなり強力で、願い事やブイズローテ名物欠伸連打などの泥試合も強力ですが、個人的には増加すると見られる耐久寄りのブースターを狩れる眼鏡型が強力なのではないかと思います。
あくまで予想の話ですし、実際には耐久型のほうが強いかもしれませんが、草タイプのリーフィアが特防に恵まれず、ニンフィアも眼鏡特殊火力に対しては流石にある程度削られるので結構刺さる気がします。
他には欠伸対策にうるおいボディ型も面白そうですね。

135.pngサンダース
ローテの電気タイプは強い!地震が飛んでこない!強い!
弱いわけないですね・・電磁波無効、高いCとSから珠や眼鏡でガンガン高火力を押しつけていく型がやはり強そうです。
またブイズ最速を生かした高速欠伸、特殊寄りのブイズに有効な先制での光の壁等の補助をしつつ殴るセミアタッカーも面白いかもしれません。

136.pngブースター
今回のブイズローテ最重要ポケモンの一角でしょう。リーフィアの剣舞葉緑素無双を止める型、従来の根性空元気をぶっぱしてガンガン圧力をかけていく型、それに加えて今大会ではトップメタとなりうるニンフィアのフェアリー技を半減に抑えられる唯一のブイズとしても注目されます。
今作では鬼火の命中率増加、フレドラの追加等このポケモン単体においても追い風になる要素が多く、PTに1匹は必ず入るポケモンになるのではないでしょうか。
そのPTによって多種多様な型にカスタマイズされるであろうポケモンなので全く予想がつきません。
根性AT型ならS60のニンフィアを上から叩けるS65を生かした最速空元気型、耐久型ならニンフィア意識のチョッキ型、足りない物理耐久を補いつつリーフィアや物理ニンフィアを意識するHB鬼火ゴツメ型等が強力なのではないかと思っています。

196.pngエーフィ
エスパータイプ特有の補助技に教え技が多いのがやや残念ですが、夢特性マジックミラーを生かした欠伸や電磁波無効の高速補助型が今大会も強力でしょう。
高いSから先制での壁貼り、先制欠伸や願い事は当然ながら有効ですね。
AT運用するのであれば、先制瞑想から高威力のサイキネ、シャドボ等を連打する型がよさそうです。
このポケモンのブイズローテでの役割はやはり「どこで壁を貼るか」にかかってくるので、効果的に運用してあげたいところですね。

197.pngブラッキー
強力なポケモンではあるのですが、今大会トップメタになると予想されるニンフィアに対して相性上不利な点は無視できないでしょう。
鋼に悪が等倍になった点もブイズでは意味がなく、生半可な耐久ではニンフィアの高打点技を受けきれないので、苦しい戦いを強いられそうです。
イカサマが使えない点は、ブイズにA振りをしているポケモンがあまり多くないと予想されることからそこまでの被害はないでしょうが、一致高打点技を失っているということにもなるので、代わりになる技を採用する必要があります。
高耐久での願い事や欠伸、毒々等の嫌がらせから持久戦に持ち込めれば相変わらずの硬さを見せてくれるハズです。

470.pngリーフィア
前回大会、剣舞葉緑素でブイズ達を震え上がらせた凶悪物理ATは今大会も健在です。
ただ前回大会同様の無双が期待できる・・・とは一概に言えないかもしれません。
理由は明白で、ニンフィア対策で各プレイヤーがブースターを採用する可能性が以前より増しているという不安要素があるためです。
タイプ相性で不利、晴れで仕事をする関係上相手の攻撃でワンパン即死は間違いありませんし、そもそもフレドラ追加によってブースターは強化されているのであまり楽観視できる状態ではありません。
ただしブースターはニンフィア対策での採用の場合、ATや特防寄りの配分が予想されるため、他のポケモンで削りを入れておけば元々の物理耐久の低さも相まって強引にゴリ押すことも難しくはないでしょう。
ローテというルール自体、元々タイプ相性で勝てない相手を「他のポケモンの削りから強引に突破する」というのが一つの形なので、周囲の手をしっかり借りることでフィニッシャーとして存分に活躍してくれるハズです。

471.pngグレイシア
前回大会でも凄く微妙な立ち位置のポケモンと聞いていましたが、今大会では明らかに苦しい立場にあります。
吹雪等メインウェポンの威力弱体化もありますが、トップメタのニンフィアの高い特防に苦労することになるでしょう。
そしてそれをメタるためのブースターの増加が予想され、特性は両方とも大会においてほぼ死に特性、自身の一致技は環境的に通り辛い・・と非常に苦しいと言わざるをえません。
氷タイプを打ちたいリーフィアには葉緑素で上をとられ、差別化になるミラーコートは低い特防から望みが薄く、高い物理耐久は予想される物理ATの一角であるブースターを考えると腐りがち・・採用するには明確な採用理由と確かな活躍の見込める型や配分、プレイングが必要になってくると思います。

700.pngニンフィア
まず間違いなく今大会トップメタ候補筆頭でしょう。ローテにおけるフェアリーの一貫性は凄まじいものがあり、特にそれが鋼のいないブイズローテともなればいよいよ環境的に有利なのは間違いありません。
自身の高い特攻と特防を武器に一貫性の非常に高いフェアリー技を打ち込む眼鏡もち等の高火力特殊AT型、予想される特殊受けの裏をつける+石火が高威力先制技に化けることからフィニッシャーを担える夢特性フェアリースキンを有効に使った物理型、願い事や欠伸といったブイズ特有の豊富な補助技に加えスキスワでの特性変更や高いHPと特殊耐久から安定したサポートをする型等、PTによってこのポケモンの担う役割は変わってきます。
ただし、Sがブイズの中でも遅い60族、素の耐久値はともかく耐性自体はブイズローテにおいて腐りがち、物理耐久は想像以上に脆く高威力一致技を耐えられない・・等明確な弱点も数多く存在します。
PTを組む上ではまずこれらの点をふまえてニンフィアの対策を仕込むといいでしょう。



ざっと考察してみましたが、あくまで推測の域を出ません。
実際にどういう型が流行するかはわかりませんし、皆さんそれぞれにブイズの使い方や考え方があるでしょうから、あくまで参考程度にしていただければと思います。

僕も凄く興味ある大会ではあるんですけど、ATのブースターとか馬鹿力ないのに作ったら大会終わった後ボックスで永眠する未来しか見えぬぇ・・とかそんな感じで考察した割に厳選作業をする気力に欠けるとこがありまして・・。
そこでせめて考えていることだけでも記事にしてみようと思ったわけです。
参戦どうすっかな・・・。


皆さんはブイズローテ出場されるんでしょうか?
もしよろしければ皆さんのオススメの型等ありましたら是非教えていただきたいです。
参戦される人もされない人も、これを気にブイズ達に関する情報を集めるのもいいかもしれませんね。
僕もこれに乗っかって少しブイズについて調べてみようと思います。
楽しいイーブイライフを!!




そんじゃまた
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://micchi14226.blog.fc2.com/tb.php/119-3a2957e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。