FC2ブログ

ミッチーの日常風景

『ガブリアスとは民衆に祀り上げられた伝説のポケモンである』 ポケモンのこととか書きます。 更新頻度は月一以上を目標に。

【ポケモンORAS】メガエルレイドとかいうイケメソ【単体考察】

どうもミッチーです。お久しぶりですね。

ORAS発売から早いもので数週間、僕も新作を存分に楽しませて頂いています。
まぁこの一週間はボルトロスの厳選という闇のゲームで精神が摩耗し続けていましたが、とりあえずの終着を見たのでまぁそろそろブログの更新でもしようかなと思ったわけですね。

今作でまた色々なメガ進化が追加されましたが、やはり大方の予想通りレーティングでもメガボーマンダ君一人勝ちのようですね・・。
メガミミロップ等も影でこっそり強いようですが、やはりマンダが大暴れって印象を受けます。当然だけど()
ちなみにトリプルではメガバクーダ君がヒードランとかいうのを潰してくれたようで僕は非常に嬉しいですね☆

今回のメガ進化はXYのメガルカリオ程に釘づけにされたポケモンはいなかったのですが、なかなか興味深いということで考察しているポケモンとしては
メガボーマンダ・メガバクーダ・メガチルタリス・メガエルレイド・・あたりですね。
特にメガチルタリスは興味があるんですが、複数ルールでの運用を想定して既に構築段階に入っているのでまぁ後ほど。


さてでは早速・・今回のお題はこのポケモンです。
img_01.png
ミツル君の相棒、嫁に続いてとうとうメガ進化した「メガエルレイド」です。
(GBAの頃のミツル君のサーナイトって♂だったんだね・・覚えてないけど。)

まだ考察途中ですが、自分なりにまとめておきたかったので広告回避を兼ねて記事にしました。
ちょっとマンダに飽きたから別の追加メガ進化使ってみたいって人、マイナーメガ進化でメジャー軍団ボコってやるぜ!って人、エルレイドの見た目の魅惑のフェイスに魅せられた人、あとバトルリゾートで凄い試行錯誤中のミツルくん・・これらの人たちの考察の手助けになればと思います。
ちなみにルールとしてはシングルを想定しています。


①種族値
エルレイド  
[種族値]:68-125-65-65-115-80
↓↓
メガエルレイド
[種族値]:68-165-95-65-115-110

AとSが大幅にアップ、Bの種族値も中々にいい数値まで伸びています。
エルレイドは第5世代の格闘環境において、優秀な耐性と豊富な技がありながらも、あと一歩・・微妙に足りない火力と微妙に足りない物理耐久に悩まされたポケモンでした。
その微妙に足りない火力や耐久を数値で見事に補いつつ独自の補助技を高いSか繰り出してペースを握っていく・・まさに理想的な数値上昇を貰ったという印象ですね。
環境的には恵まれていた第5世代と違い、第6世代になって格闘のメタポケモンが増えた上にエスパーというタイプ自体が非常に厳しくなった今、その辺とどう折り合いをつけていくかが大事になってきそうです。


②特性
エルレイド 
[特性]:ふくつのこころ/(夢)せいぎのこころ
↓↓
メガエルレイド 
[特性]:せいしんりょく

通常時の特性、夢特性、メガ進化後どれも特性としては(少なくともシングルでは)あまり恵まれていません。
ピンポイントで生きる場面はあるかと思いますが、基本的に腐っているという認識でよさそうです。


③覚える有用な技
[一致攻撃技]
インファイト・・安定感のある一致高火力打点。高速格闘のお供だが、耐久もあるコイツで打つのは少々勿体無いかも。

ドレインパンチ・・耐久を回復しつつ遂行できる一致技。こちらは火力が今ひとつでありメガガルーラへの遂行に不安が残るのが欠点。相性がいいビルドとセットにすべきで、幸いS上昇のお陰で初動以外は上からビルドを積めることが多い。
参考:ようきA252振り(A217)メガエルレイドのドレパン→H4振り(H181-B120)メガガルーラ 乱数1(6.3%)(83.9%~100.5%)

しねんのずつき・・2割怯みだが命中不安という悩ましい一致技。エスパーというタイプ自体が攻め・受けともに恵まれていないのも厳しい。電磁波とセットは5世代で使ってみたことがありそこそこに強かったが、メガエルレイドの高いSでコレをやる意味は無さそう。Sが高いので怯みワンチャンは普通にある。

きあいパンチ・・超火力一致技。ただしSが高い分身代わりは有用だが、身代わり残ったらコイツはインファ連打orビルドレした方が強い気が・・。勿論打てれば打点が優秀なのは言うまでもない。ナニヨリイヒョウガツケル

サイコカッター・・急所に当たりやすいものの火力不足感が否めない。思念と同じくエスパーで打ちづらい。一応非接触なのでゴツメが気になるならいいかも。余談だがB特化メガフシギバナだと高乱数2になっってしまったりする。

[サブウェポン]
ストーンエッジ/岩雪崩・・格闘の補完といえばコレ。交換読みや身代わりから某火の鳥を吹き飛ばすのに便利で、格闘との補完も抜群。高火力命中不安という岩特有の茶目っ気たっぷりの技。電磁波を採用せずともSが高いので岩雪崩なら怯みも狙えるか。

3色パンチ・・ガブマンダあたりを葬れる冷凍Pが最有力候補、ハッサム等の鋼には格闘で打点を持てるためまず必要無いが、雷Pに関してはマリルリやアロー・ギャラ等そこそこ活躍の機会が見込める。メガバシャの雷Pが強かったのでコイツでも似たようなことはできるハズ。

リーフブレード・・ぶっちゃけ打つ相手があまりいないのでピンポイントだが、PTで草技が打てなかったりした場合は悪くないかも。マリルリに高打点を叩きたかったり、ヤドランに打点を入れたかったり等格闘の通らない高耐久水を意識する等のPT事情があるのなら悪くない。一応急所に当たりやすい。

つじぎり/はたきおとす・・ギルガルド等の面倒な霊に打点を入れやすい。面倒な補助技をチラつかせながら持ち物を無効化できるという意味でもはたき落とすのほうが有用か。ギルガルドピンポなら地震も選択肢に入るかもしれない。

かげうち・・遺伝で覚えられるそこそこ有用な先制技だが、所詮は不一致であり優先度は低め。ただし先制技は持っていて損は無いので、技スペと相談といったところ。

[補助技]
ビルドアップ・・有名なビルドレイン型。第5世代で主流だった型ではあるが、起点にしていた格闘が少ない現環境では起点にする仮想的を事前にしっかり想定しておく必要がある。

おにび/でんじは/さいみんじゅつ・・状態異常系全般。鬼火ビルドを組み合わせると起点にできるポケモンが一気に多くなるが、所詮は命中不安であることには注意。電磁波はSが高いメガで撒く意義は薄い。催眠術は当たらないのでヨクアタールとみねうちと合わせて準伝の捕獲要員にどうぞ。

かなしばり/ちょうはつ/アンコール・・相手の展開を妨害して起点を作るタイプの技全般。上から弱点技等を封じて無理やり起点を作る金縛り、高速を活かした展開妨害の挑発、補助技に合わせて繰り出し起点を作るアンコ等選択肢は多いのでPTと技構成からお好みで。

おきみやげ/みちづれ・・退場技系全般。高速ATならではの道連れは当然有用、インファ等で適当に暴れた後に置き土産で後続の起点を作るのも十分選択肢で面白い。

両壁/スキルスワップ/つるぎのまい/あまえる/みがわり/じこあんじ/トリックルーム/いたみわけ・・etc
他にも多彩な補助技があるので、自分なりのエルレイドになるように上手にカスタマイズしましょう。


とりあえずメガエルレイドをざっくり分析したのをまとめると・・
STRONG
・高いSと遂行に十分なA、地味に嬉しいB上昇で相手の上から行動できる。
・十分な耐久があるため初動ターンで上を取られても出落ちしづらい。
・高いSから豊富な補助技を絡めたトリッキーな攻撃が可能。
・豊富な技の選択肢があるため使うPTと使うプレイヤーによってカスタマイズでき、自分なりの色を出しやすい。
WEAK
・Sは強化されたものの所詮初動はS80族、素のガルーラに抜かれる。
・第5世代は恵まれたタイプが持ち味だったが、第6世代では超・格闘共にタイプ的には非常に厳しい立場に置かれている。メイン技がどちらも通りづらく逆にメジャーな霊・飛行あたりに弱点をつかれるのが痛く、タイプが攻防共に足を引っ張る形になりがち。
・高速格闘ATとして運用する場合火力にやや不安が残る他、メガルカリオという壁があるので中々に厄介。補助技で差別化を測る必要がある。


大体こんな感じですかね。
タイプを生かして立ち回っていた第5世代からガラリと運用法が変わり、メガエルレイドは優秀な技全般とようやく確保された種族値で立ち回っていく必要があるみたいです。


最後に個人的に使ってみたいなーと思っているメガエルレイド君を紹介します。

メガエルレイド せいしんりょく
ようき H188 A52 B12 D4 S252
実数値:167-152-87-*-136-145→167-192-117-*-136-178
ドレパン/冷凍P/ビルド/スキスワorアンコ@エルレイドナイト
【調整】
H
8n-1調整 状態異常ダメ最小
A
ドレパンでH4振りメガミミロップ確殺
ドレパンでH4振りメガガルーラ確2(74%~89.5%)
2段階上昇ドレパンでB特化輝石ポリ2確2(50%~59.3%)
冷凍Pで無振りガブリアス確殺
B
メガミミロップのA252振り恩返し確定耐え(55.6%~66.4%)
ガブリアスのA特化逆鱗確定耐え(70%~82.6%)
1段階上昇でガブリアスのA252振り逆鱗高乱数2耐え(0.39%)(41.9%~50.2%)


HSベースメガエルレイド
物理ATに対して上からビルドを積みつつ殴る型、特殊も高いD耐久である程度起点にできたりします。
メガガルーラは上からビルドを積めれば、メガミミロップは格闘技に後出しできれば処理できるスペックがあります。
物理耐久は積めれば優秀ですが、逆に言えば積めないと微妙なのでいかにしてビルドを積むかが重要になります。
ビルドとドレパンが確定、まぁなんだかんだでガブを処理できる冷凍Pは切りづらいですし・・。
ラス枠に関しては自身で起点を作る能力を重視してアンコを採用するのが使い勝手は良さそうです。
個人的にはスキルスワップに注目してますね。
各種スキンや親子愛等強力な特性が多数増え、逆にエルレイドの特性が腐っているのもあって特性を入れ替えるスキルスワップは中々トリッキーな動きができそうです。




さて長々と書いてしまいましたがこんな感じです。
メガエルレイド君は活躍するためには色々と工夫が必要なメガ進化ポケモンですが、うまく使いこなせれば戦えるスペックはあると思うので皆さん是非試行錯誤して生かしてあげてください。






そんじゃまた








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://micchi14226.blog.fc2.com/tb.php/127-e9b2eb8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad