FC2ブログ

ミッチーの日常風景

『ガブリアスとは民衆に祀り上げられた伝説のポケモンである』 ポケモンのこととか書きます。 更新頻度は月一以上を目標に。

眼鏡ファイヤー+メガラグラージについて色々【ORASダブル】

どうもミッチーです。

なんとなくメモ半分で記事を書いてみたかったでござる。なんでわりとくだけた口調。
ダブルレートにおいての話だけどがっつりした構築の話じゃないからコラムにまとめてみた。
今回は眼鏡ファイヤーくんとメガラグラージくんのお話。

記事を書いた経緯としては、ツイッターにて後輩のnatutou君と眼鏡ファイヤーについて語っていたので。
雨ファイヤーっていうとスカーフが一般的なイメージだけども、natutou君は眼鏡で使っていたとか。意表がつける。楽しい。
僕も昔雨PTでファイヤーを使っていたんだけど、そのときは ひかえめHC 熱風/暴風/身代わり/守る@残飯 とかいうマジキチで禁伝ルールの残飯ホウオウの真似事して遊んでいたり・・。

そしてシーズン1終盤、メガラグラージ入りのスイッチ雨を組んだことがあった。
完成度がいまいちなPTだったから解散して、記事にもしてなかったんだけど、一応メガラグラージ入りの雨について自分なりに色々考察したことがあったわけで・・。
ちなみにそのときのPTはこんな感じ↓
260_4.png145.pngm06.png645r.png635_4.png244_4.png

相性補完がいいと思ったラグラージ+サンダーの並びからスタート。
特性の関係上初動のSに恵まれないメガラグラージは、恐らく手動雨のほうが強いのではないかという判断でサンダーに雨乞いを採用し、周りを補完で適当に並べたんだけど・・そこまで上手くうごけず。
その試行錯誤の途中で、個体がいなかったから実現こそできなかったものの眼鏡ファイヤーがかなり動きやすいのでは・・?という発想にいきついたことがあった。


というわけで、ファイヤーくんとメガラグラージくんについて考察していきたい。
まずは種族値。数値は正義である。
ファイヤー 
[種族値]:90-100-90-125-85-90

ラグラージ
[種族値]:100-110-90-85-90-60
↓↓
メガラグラージ 
[種族値]:100-150-110-95-110-70


メガラグラージ君の耐久指数に関してはもう謎の硬さである。なんだこれ。
生半可な攻撃では急所でも落とせないので、行動回数が確実に保障されていると言ってもいいだろう。
ファイヤーに関しては準伝説として見ると初代特有の種族値配分からAが無駄になっているところはあるが、火力もあり、耐久もそれなりの高さがあるのでさすがといったところ。
今作ではリザYやファイアロー等ライバルも多いが、やはりメガ枠を消費しない特殊の炎飛行というのは強い。
ではこの2体が組むとどういうシナジーがあるのだろう?


【我らが神:ファイヤー様がメガラグと組むと強いところ】
・受けの意味での単純な相性補完146.png<俺達が!260_4.png<ガンダムだッ!

まぁこれはタイプ見れば当然といえば当然。
メガラグラージは岩半減+電気無効、ファイヤーは草1/4と受けの補完が優秀なことから、複数ルールにおける縦の並びでの補完がとれている。
加えてファイヤーはどっかの先制ブレバキチガイくん663.pngとは違い準伝説、ある程度の数値を確保しているため耐久面もそこそこ硬く、反動技で死にたがるわけでもない。
メガラグラージにいたっては「殴れるスイクン(byミッチー)」といった程の耐久指数、アタッカーでありながら異常なまでの耐久を誇る。イメージとしてはローブシンみたいな感じだろうか。雨下ならこれに一定レベルの(超速というわけではないが)素早さまでついてくるという怪物っぷり。受けだしからすぐ攻撃のターンに移れるのは非常にメリットであり、また地味ながらメガ進化前でもいい耐久をしている点も非常に優秀。
参考までに、ファイアローの種族値は78-81-71-74-69-126である。
超強特性のおかげでキチガイポケモン認定されている(実際クソ強い)が、一応・・数値自体は一線級の連中に比べ遥かに劣っている。
序盤鳥として見るとヤヴァイのだが、特性の関係上コイツは問答無用でガチ戦に投入されるため、他の序盤鳥とはそもそも居座る戦場が違うので比較する意義は薄いように思える。
ガチ戦にワンチャンあったムクホークくんは・・うん。ごめん。色々差別化はできるしさ。

・攻撃における相性補完146.png<フォーメーションを!260_4.png<寸断する!

複数ルールが少し面倒で難易度が高い理由の一つである攻撃の相性補完。コレができてるか否かによって、勝率が目に見えて違ってくる。扱うポケモンが多い分、ここに関してはシングルより顕著だと思う。
さて攻撃面の補完についてだが、実は結構補完が良かったりする。
ファイヤーは炎+飛行の技範囲、両方とも雨の苦手なナットレイやモロバレル等を中心とした草タイプに一致で弱点をつける。特に飛行の一致技で恐らく採用されるであろう暴風は雨下で必中、高火力な特殊飛行技という独特の強みを持っており、雨下で炎が打てなくなってもしっかり草タイプに一致抜群をつくことができ非常に強力である。特殊なので威嚇を気にする必要もなく使い勝手が良い。
せっかくの雨構築なのに、威嚇一本でで簡単に誤魔化されては話にならないので、そういう意味でもやはりファイアローと明確な差別化になっている。
もちろん追加効果の3割混乱も割と馬鹿にできず、そこからワンチャンを拾えることも。
メガラグラージは雨下での滝登りが非常に強力、ファイヤーの苦手な岩技を打ってくるであろう相手は軒並み水が抜群の場合が多く、雨の恩恵も手伝って非常に高い打点が見込める。
岩技持ちに自由に行動させないということはその分ファイヤーの延命措置に繋がり、自身の苦手とするポケモンへの高打点を維持することになるのでラグラージ自身も動きやすくなる。
またファイヤーは飛行タイプであるため地震無効、よってラグラージも相方を全く気にすることなく地震を打つことができ、技選択の自由度も高い。
暴風で拘ることが想定されるファイヤーにとっても、滝登り+地震でラグが鋼に打点が持てるのは助かるだろう。

・選出の自由度146.png<ソレスタル・ビーイングは!260_4.png<一人じゃない!

雨ラグラージの構築が刺さっていないと思ったときは、当然裏選出を用意しておく必要がある。まぁ何度も言っている通り、基本的に特に縛りが無いのであればダブルのPTは【何かしらメガ進化枠+メガガルーラ】の軸で構築を組むと、非常に扱いやすくなる。まぁ面倒な人はガルーラ一匹で周り高種族値~とかもいるしそれも強いけど。
ただガルーラをメタってないPTなんてダブルのPTに存在しないし、最近ではメガラグラージも結構対策されている・・なんてことも。それを強引に突破できるだけのスペックがあるのは間違いないんだけど、それに加えて「もう一匹の雨エース」としてファイヤーを仕込むことで、相手が考慮しなければならない選択肢をより多くできるのは強力だと思う。
雨ラグでくるのか、雨ファイヤーでくるのか、ガルーラでくるのか。勿論雨を降らせても選出的にメガガルーラ+ファイヤーの並びできても十分強い。
メガを消費せず、タイプも被っていない雨エースがいるというのは非常に選出の融通がききやすく、選出時におけるプレイヤーへの負担をかなり軽減してくれると睨んでいたり。


以上のことから、雨ファイヤーとメガラグラージの相性は非常にいいという結論。



ではでは「何故眼鏡なのか?」というところに行き着くハズである。
採用理由は2つ。
①メガラグラージの火力事情
超高耐久に加えて雨下ならSも素早くなるメガラグラージ、ただコイツがキングドラやルンパッパ等の雨エースと明確に違う点は「火力不足」に尽きる。
グドラ達も現環境で火力が足りているとはお世辞にも言えないものの、やはり雨で強化された一致特殊水技というのは火力指数が素晴らしいことになっている。
だがしかし、メガラグラージのメインウェポンは滝登り。怯みの効果は期待できるが火力だけみるとイマイチな上、ダブルの場合は威嚇のこともあるのでそう簡単には制圧できない。範囲技の地震もタイプ一致ではあるもののダブルダメ補正もあるため抜群連中の処理をするのが限界といったところ。
そのため複数回殴る必要があるし、それができるだけの馬鹿げた耐久を持っているのは間違いないが、やはり複数ルールだけあり、集中砲火されると流石に厳しい。
よってメガラグラージの相方に求められるのは「ラグとの攻撃補完がとれた火力の出るポケモン」ということになる。
以前僕の組んだ構築ではサンダーを相方にしていたが、とてもじゃないが火力が足りず苦戦した記憶が多々ある。
そこでラグラージと抜群の補完があり、雨とのシナジーがあって、火力も十分なファイヤーに更なる高火力を持たせるために眼鏡を採用した。
素早いSからラグが削りを入れ、ファイヤーが高火力で潰していくという非常に単純かつ強力なタッグになりえる。

②「雨暴風」の火力維持
ファイヤーが雨で暴風を打つメリットとして、
・必中
・草などの雨の辛い相手に一致弱点をつける
というのが挙げられるわけだが、当然これらは天候を変えられるor雨が切れる際に暴風が打ちづらくなる等のリスクを伴っている。そのリスクを伴ってでもファイヤーで暴風をうつ関係上、生半可な打点で仕事した気分になって何もしていないようではプレイヤーが困るのである。
リスク相応に相手に負担を与えて貰う必要があるため、自然と相手への負担を重視して持ち物が火力アップアイテムになってくるわけである。しかし先述の通りアローと違って耐久に関してもそれなりの数値を誇るこのポケモンは珠ダメが非常に痛い。個人的に珠がそこまで好きなアイテムではないというのもあるのだが、今回は採用理由にマッチしないのでは?という明確な理由の元に珠は嫌った。
そこで半減でも強引に押しきれるであろう眼鏡での採用はどうだろうかと考えたわけで。(耐えられるのかしらんけど)調整モロバレルにちょちょっと耐えられるような半端者を採用するくらならそれこそ鉢巻ファイアローで十分なのである。
また「ナットレイ598.pngへの遂行を暴風でこなせる」というのはかなりデカいメリットである。メガラグラージはナットレイに対して(ダブルダメではあるが)一応地震を一致等倍で打つことができるポケモンで、それなりのダメージが期待できる。
そしてファイヤーは雨下の場合、拘りアイテムを持つなら当然暴風で拘りたいというのが心情だろう。
つまり雨眼鏡暴風+メガラグラージのダブルダメ地震でナットに負担をかけることができれば、ラグラージ入り雨を見て安易にナットで潰しにこようとする連中を軒並みわからせることができる。
ナットレイの努力値は人によってさまざまなので、H振り、B特化(!?)、D特化の数値を参考までに。
146.pngひかえめC特化ファイヤーの眼鏡暴風→598.pngH252振りナットレイ 確2(73.4%~86.7%)
146.png同ファイヤー→598.pngしんちょうD特化ナットレイ 確2(54.6%~64.6%)
260_4.pngメガラグラージのA特化ダブルダメ地震→598.pngH252振りナットレイ 確3(33.7%~40.3%)
260_4.png同メガラグラージ→598.pngわんぱくB特化ナットレイ 確4(25.4%~30.3%)

結構火力あるねファイヤーくん・・(;´Д`)←オイ
かなりいい打点を持てるわけである。メガラグの地震の火力の無さには呆れてしまうけども・・これだけダメージを入れてくれればラグラージからしたら十分。
そういうわけで雨下でもかなり強気に暴風で拘っていけるんで、やはり持ち物は眼鏡からは動かないと思われ。



というわけで結論としましては、眼鏡ファイヤーとメガラグラージは相性がいい・・?ということになりましたとさ。

雨の展開とか電気への遂行が1枚で大丈夫かとか色々煮詰めなきゃいけないところは多々あると思うけど、この並びは実に面白い並びじゃないかなと思う。
個人的には初手ラグ+何か→ラグメガ進化+脱出クッション&ファイヤー降臨を素早く実現できるD特化テンプレ脱出トノと、ファイヤーの拘り解除をスムーズにできて氷の受け先に困らず、相手の電気に強く威嚇も撒ける霊獣ランドロスあたりを組ませた4体を軸に動かしてみたい。
(確定)146.png260_4.png (相方候補)186.png645r.png
(準確定)m06.png

α

みたいな感じがベストだろうか。
自然な流れでメガガルーラと霊獣ランドロスも組み込めたので、結構いい感じのPTになりそうな予感がする。
霊獣ランドはワンチャンギルガルドの処理を任せるときがあることを考えると突撃チョッキにして大地の力orはたき落とすを組み込んでおきたいところ。
ラス枠には色々な候補が考えられるが鋼がいないのは不安なのでやはり鋼だろうか?構築が前衛寄りなPTなので殴り合いを重視すれば火力ATをもう一枚組み込むのも悪くはなさそう。
相性補完の美しさを考える+裏選出時の安定感をとってギルガルド、氷は一貫してしまうものの対雨ミラー(というかルンパ入りの雨)がキツいってレベルじゃないのでそれを誤魔化せる上、自身も雨の恩恵がありファイヤーと縦横の補完が完璧なナットレイあたりがラストに入ってくるだろうか。
個人的にはギルガルド飽きたんでナットレイを組み込んでみたいところ。気休め程度だがトリル対策にもなるし。

まぁそんなこんなで・・ファイアロー使うの飽きたんだけど・・とかいう人は是非一度ファイヤーに注目してあげてほしい、って感じの記事でしたとさ。
こんだけ考察してんなら自分で構築組めばいいじゃん!って言われそうだが言わないお約束で。
じゃあ最後に一言。











146_0.png
カロス産のファイヤーください。


そんじゃまた















スポンサーサイト

コメント

身も蓋もないですがサンダーで雨乞いってラグラージしか速くならないしほぼほぼ追い風の劣化じゃないですか?

  • 2015/02/05(木) 18:31:49 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>名無しさん

身も蓋も無いなんてとんでもない!いやはや仰る通りなのです()
サンダーが没になった理由ですね。
受け回しにおいては非常に相性補完がとれていたのですが、シナジー面において見ると基本的に雨乞いなんかするより追い風しとけばいい感じになっちゃって・・。
かといって追い風するとラグの火力が足りなかったんですね・・。
雨乞い羽休め→追い風雨乞い→追い風羽休め
と技構成が変化していきました(;´Д`)

単純に追い風の劣化というわけではなかったんですが、ぶっちゃけ追い風安定って感じで・・。
そこで相方候補には展開の素早い脱出トノを候補として挙げてみたわけです。

  • 2015/02/05(木) 23:01:29 |
  • URL |
  • ミッチー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://micchi14226.blog.fc2.com/tb.php/130-2695d9b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad