FC2ブログ

ミッチーの日常風景

『ガブリアスとは民衆に祀り上げられた伝説のポケモンである』 ポケモンのこととか書きます。 更新頻度は月一以上を目標に。

【ポケモンORAS】思考停止スタンver3-ドリュウズ入り-【シングルレート】

どうもミッチーです。

皆さんいかがお過ごしでしょうか。寒い日が続きますね・・すっかり家に引きこもり状態です。
中高生は期末前、社会人も年度末が近づいてきて大忙し・・というところでしょうかね。
大学生は絶賛春休み満喫中、僕も人生最後の長期休暇になっております。
少し前まで艦これの冬イベント攻略に勤しんでいました・・とりあえずイベント海域制覇完了ということで、またレートに潜りながら資材貯めの毎日になりそうです。


さて今回はシングルバトルですね。
最近シングルバトルの熱が再燃しておりまして色々試行錯誤しながらPTを組んでたんですが、なかなかいいPTに仕上がったのでとりあえずこの辺で更新しときます。
今回のPTは「ドリュウズ入りの思考停止スタン」になります。思考停止スタンもこれでver3・・人の組んだ構築からスタートしたこの構築ですが・・対戦が楽すぎてホントにお気に入りの構築ですね。
扱いやすさはピカ一!選出・立ち回り共に非常にシンプルになっております。
あまり難しいことを考えずポンポン対戦を消化できる構築なので、今回も非常に僕好みのPTですね。

それではPT紹介を紹介します。PTは以下の6匹です。

530.pngm06.pngm02x.png681.png642.png245.png
ドリュウズ 地震/岩雪崩/身代わり/剣舞@襷
ガルーラ 捨て身タックル/グロパン/冷凍P/不意打ち@ガルーラナイト
ギルガルド シャドボ/ラスカノ/影打ち/王盾@弱点保険
リザードン ニトチャ/逆鱗/地震/剣舞@メガリザードンX
化身ボルトロス 10万ボルト/めざ氷/気合玉/電磁波@珠
スイクン 熱湯/身代わり/瞑想/眠る@カゴの実

シングルレートにテキトーなPTで潜って遊んでいたとき、型破りドリュウズの現環境への刺さり具合に着目して構築しました。
削りの性能は5世代から変わらず最高クラス、大体のPTに先発で出して何かしら高打点を叩き込んで後続に繋ぐのが面白かったですね。
その削り性能に着目して、削り残しを起点にできるグロパンガルーラを相方に添える並びを考えてから構築をスタートしました。

以下、個別考察になります。


ドリュウズ かたやぶり NN:キキ
530_0.png
ようき 185-187(252)-80-*-86(4)-154(252)
地震/岩雪崩/身代わり/剣舞@襷
【調整】
ASぶっぱ
ライコウのC無振り(C135)めざ氷を身代わりが確定耐え(19.4%~23.2%)

ASぶっぱ襷ドリュウズ
構築の組み始め①、圧倒的型破り地震の一貫性でロトムやゲンガー等環境に溢れる連中を片っ端から潰していきます。
先発での安定感が非常に高く、とりあえず選出しておけば何かしら仕事をしてくるのが強みですね。
先発の襷ドリュウズというとステロ撒きのイメージが強いかもしれませんが、今回はステロを採用していません
現環境でのこのポケモンは非常に刺さりがよく、ステロ撒きより相手への確実な削りのほうが強力だと思ったのが理由ですね。
実際に先発で出せばほぼ確実に一体削ってきて素晴らしい仕事っぷりでした。
技構成は安定の地震、起点作りではなくATとしての採用なのでサブウェポンの岩雪崩まで確定です。
起点回避になる技を持たない分、ドリュを起点にしようとする連中に舐められないように剣舞を採用しました。
積むチャンスは結構あり、ATとしての性能向上にも繋がるので採用は正解だったと思います。
ラス枠には襷でありながら身代わりを採用、対ギルガルドでの面白い選択肢+交換際に欲しい場面が少なからずあったためですね。
無くて困る技ではないですが、削りをしてくれれば十分な関係上アイアンヘッドが必要な場面もそう多くなかったのでこのままでよさそうです。
一番身代わりが生きる場面としては対ライコウ絡みの対戦で、HSベース壁貼りライコウのめざ氷では身代わりがほぼ壊れないので
地震(様子見を兼ねて)→身代わり→地震
と入ることで後続の処理まで手が出せる場合があったりします。

NNは『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に搭乗する民間人の少女、キキ・ロジータから。
ドリュウズというとやはり5世代の影響か「砂」のイメージに尽きるので、個体が♀だったこともありやっぱりMS小隊からとりました。
カレンさんと悩みましたが、今回はかたやぶり→活発なイメージから今回はキキをチョイスしました。
襷を盾に地震をぶっ放しまくって初手から荒らしていくスタイルはゲリラ活動をしているキキにぴったりといった感じです。


ガルーラ きもったま NN:ミライ                    メガガルーラ おやこあい
115_0.png                         115-megaevol_0.png
[種族値]:105-95-80-40-80-90                   [種族値]:105-125-100-60-100-100
ようき 187(52)-140(196)-101(4)-*-101(4)-156(252)   ようき 187(52)-170(196)-121(4)-*-121(4)-167(252)
捨て身/グロパン/冷凍P/不意打ち@ガルーラナイト
【調整】
A
2段階上昇親子愛捨て身タックルでB特化スイクンが瀕死率58.8%(61.3%~72.4%+30.4%~36.2%)
B
ガブリアスのA252振り鉢巻逆鱗確定耐え(81.8%~96.7%)
メガボーマンダのA特化スキン捨て身タックル確定耐え(83.9%~99.4%)

ASベースメガガルーラ
耐久に微調整を施したようきグロパンガルーラ、構築の組み始めその②
この記事の個体を配分を変えて流用しました。
↓↓
http://micchi14226.blog.fc2.com/blog-entry-116.html
先述の通りドリュの削りが入った相手を処理しつつ起点にできるコイツは相性バツグンです。
グロパンガルーラといえば第131回九尾杯にてH209いじ捨て身ガルーラ入りの対面構築が優勝していましたが、やはり対面構築のPTになるとこのポケモンは確実に入ってきますね。
PTがそこまで素早くない関係上初速の早いガルーラを使いたかったので性格は陽気を選択、メガマンダとの殴り合いになった場合にいじ捨て身を確定で耐えてこちらの捨て身を打ち込むケースがあるかもしれないと思ったので耐久は微調整しました。
技構成は安定の捨て身タックル+採用理由から積み技としてグロパンまで確定です。
やはりグロパンを積む関係上高火力先制技の不意打ちは自然と入ってきましたね。
ラス枠については当初安定の地震を採用していたのですが、PT全体でギルガルドにはある程度強気に戦える点+ガブや霊獣ランドロスが重いPTである点を考慮して冷凍Pに変更しました。
マンダの捨て身耐え調整もしていますし・・ある程度の耐久が保障されているので、氷4倍連中に高打点を持てるのは使い勝手がよかったです。


ギルガルド バトルスイッチ NN:GNソード
681_0.png 681-blade_0.png
れいせい [盾]:167(252)-70-170-112(252)-171(4)-58 [剣]:167(252)-170-70-222(252)-71(4)-58
シャドボ/ラスカノ/影打ち/王盾@弱点保険
【調整】
HCぶっぱ

HCぶっぱ弱点保険ギルガルド
ガルーラの項目に載せた過去記事にて使用している個体の流用になります。
エースで暴れた後に最後の詰めをするATとして、怠慢最強クラスのこのポケモンをチョイスしました。
1撃で処理されることが非常に少なく、弱点保険が発動すれば対面のポケモンは勿論、裏のポケモンの処理もワンチャン請け負えるので非常に強力です。
技構成はシャドボとラスカノ、王盾まで確定で、ラス枠には掃除役としての役割を重視して先制技の影打ちにしました。
ラス枠に登場しての詰めの際に先制技があるというのはやはり便利だったので採用は間違ってなかったと思います。
一部の露骨なメタポケモン以外にはほぼ負けないと言ってもいいくらいの鬼畜ポケモンでしたね。


リザードン もうか NN:スサノオ                   メガリザードンX かたいツメ
006_0.png                       006-megaevolx_0.png
[種族値]:78-84-78-109-85-100                 [種族値]:78-130-111-130-85-100
いじっぱり 167(108)-140(188)-98-116-105-131(212)  いじっぱり 167(108)-191(188)-131-135-105-131(212)
ニトチャ/逆鱗/地震/剣舞@リザードナイトX
【調整】
A
1舞硬い爪ニトチャでH252振りギルガルド確殺
B
メガボーマンダのA252振りスキン捨て身タックル確定耐え(79.6%~94%)
メガルカリオのA252振り適応力インファイト確定耐え(81.4%~97%)
メガガルーラのA252振り親子愛捨て身タックル確定耐え(55.6%~65.2%+26.9%~32.3%)
D
WロトムのC特化眼鏡ドロポン中乱数耐え(43.8%)(91.6%~107.7%)
S
最速ギャラドス抜き
準速霊獣ランドロス+4

ASぶっぱメガリザードンX
ドリュウズの削りを活かせて、かつガルーラが相手できないようなポケモンを倒せる2枚目のエースとして採用しました。
ドリュの地震で削った相手をニトチャで処理しつつSを上げて一気に制圧していきます。
ドリュ+リザXの並びでこの手のPTにとって面倒な珠ゲッコウガ等を楽に処理できるのが非常に便利ですね。
配分については、リザXにあまり詳しくなかったのでこちらの配分をパクリしました。
↓↓
http://blog.livedoor.jp/wettendass/archives/1010811432.html sitのポケモンORAS/XY調整案まとめ
ガルーラの苦手な鋼ポケモンや鬼火が怖い高耐久ゴースト等がいる場合はコイツであっさり突破できることが多いです。
やはり鬼火が効かない物理ATは強力ですね。
地味に進化前はドリュウズとの補完がよくとれているので、先発のドリュの逃げ先としても重宝したりします。

NNは『機動戦士ガンダムOO 2nd Season』に登場するミスター・ブシドーの愛機、スサノオから。
黒いフォルム+メガ進化からニトチャを積んでSを上げる姿がトランザムみたいということで採用してみました。
メガ進化して剣舞なんてしたら・・まさに「君の視線を釘付けにするッ!!」といった感じですね。
結構お気に入りのNNです。


化身ボルトロス いたずらごころ NN:アンジェロ
642_0.png
個体値:31-4-28-31-29-31
おくびょう 155(4)-*-89-177(252)-99-179(252)
10万/めざ氷/気合玉/電磁波@珠
【調整】
CSぶっぱ

CSぶっぱ珠化身ボルトロス
第5世代から続く対面構築の申し子こと化身ボルトロス、以前ダブルで使っていた個体を流用してきました。
↓↓
http://micchi14226.blog.fc2.com/blog-entry-128.html
対ガブや対マリルリをある程度任せられるポケモンを探して試行錯誤した結果、やはりコイツが入ってきましたね。
最近では対バシャを意識したずぶといHB等が流行りらしいですが、このPTではATなので特に変な調整はせずCSぶっぱです。
ドリュウズ同様先発で投げて相手に何かしら負担をかけつつ退場していくのが仕事です。
技構成はメインウェポンになる10万とめざ氷、相手に何かしら負担をかけるという意味では本当に強い電磁波まで確定です。
ラス枠はドリュウズが先発ガルーラに何もできない+気合玉は珠を持てば一応75%でH4振りガルーラを葬れることを考えて気合玉を採用しました。
バシャーモに電磁波を入れることができ、化身ボルトの苦手な電気タイプとの打ち合いはドリュウズが誤魔化してくれるので上手く補完ができていると思います。


スイクン プレッシャー NN:スメラギ
245_0.png
個体値:28-0~3-31-31-31-31
おくびょう 205(248)-*-136(4)-110-136(4)-150(252)
熱湯/身代わり/瞑想/眠る@カゴの実
【調整】
H
4n調整 身代わり意識(身代わりHP:51)

HSベースカゴの実スイクン
受けループ全般をとりあえず誤魔化せそうなポケモンとして採用しました。
ほぼ一匹に受けループの処理を任せることになるので、とにかく受けループを詰ませることだけ考えた技構成と配分になります。
安定のHS配分にメインウェポンの熱湯、一撃対策の身代わり、積み技の瞑想、状態異常に強い眠るの4つを搭載して、受けループに強気に出せるようにしました。
相手の吠えるスイクンには注意しましょう。ピクシーは他のメンツがそれなりに強いので大丈夫だと思います。

NNは『機動戦士ガンダムOO』に登場するソレスタル・ビーイングの戦術予報士、スメラギ・李・ノイエガより。
このNNは5世代で育成していたスイクンから襲名した形になります。
「スイクン=美人」この法則により頭の中で美人を検索、さらにスイクンのフワッとした毛がスメラギさんの髪っぽいと思ったので命名しました。
ソレスタル・ビーイングのフラグシップであるプトレマイオスはカラーが青なので、スイクンとマッチしてますね。



【コンセプトと立ち回り】
思考停止スタンなので、当然コンセプトは「難しいこと考えなくても戦えるPT」です。
選出、立ち回り共に非常に簡単なのであんまり考える必要はないです。
①先発を決める
7割は先発ドリュウズから入って問題ないと思います。襷があるので行動回数が保障されていますし、型破り地震の通りが(当然ですが)半端じゃないので確実に1体削ることができます。
先発に化身ボルトロスを置くパターンですが、
・相手にキノガッサがいる場合(ほぼ確実に先発で出てきます)
・メガガルーラが初手に出てくる可能性がある場合(ここはややニュータイプ的な勘がいるかも??)
・相手にマリルリがいる場合(初手ドリュウズで地震を入れつつ捨てるかどうかとの選択)
・単純にドリュウズが動きづらいとき
あたりが挙げられますね。
迷った場合はとりあえずドリュウズを選択しておけばまず何かしら仕事はしてくれるハズなので、「迷ったらとりあえずドリュウズ」とだけ覚えておけばいいです。

②エースの選択
基本的にメガガルーラとメガリザードンXの2択になります。まぁ基本的にスタンに対してはメガガルーラでいいハズです。
強力な物理受けポケモンがいる場合はゴツメがキツいメガガルーラよりも剣舞逆鱗で強引に受けポケを壊滅させることができるメガリザXのほうがいい場合があります。
ただし物理受けポケモンはドリュウズを選出していると剣舞地震で強引に押しきれる場合が多々あるので、ドリュウズで突破できそうな物理受け(クレセリア等)がいる場合はガルーラをホイホイ出すのもアリです。
また、ドリュウズをある程度大事にしたい場合、相方に耐性の優秀さが求められる場合もリザXのほうが適任です。
メガ前の相性補完が非常に優秀なのでリザXが無償降臨しやすく、その分ドリュウズが生き残りやすくなるので相手に負担をかけやすいです。
このパターンの場合、メガ進化するタイミングには注意しましょう。ちょっとだけ頭使って戦うことになります

③詰めのポケモンを選択
基本的にはギルガルドでOKです。最後のポケモンとの怠慢でまず負けないですし、弱点保険が発動すれば影打ちで削れたもう一体も処理できたりします。
また先発に化身ボルトロスを置いたときや相手にドリュウズがよく刺さっている場合、ドリュウズの襷を最後までとっておくことで最後の詰めの駒として運用することも可能です。
襷がある場合のドリュウズのフィニッシャー性能は非常に高く、一部の相手に対してはギルガルドをラストに残す場合よりも遥かに有効なため、この選択肢は覚えておいて損は無いと思います。(特に対バシャーモ入りのPTにおいて)

長々と書いてしまいましたが、以上の手順を踏みつつ自由に選出を決めることができるのがこのPTの強みです。
一応基本選出としては
ドリュウズ+ガルーラorリザX+ギルガルド
化身ボルトロス+ガルーラorリザX+ドリュウズ
あたりになるでしょうが、相手のPTによって柔軟に変えていっていいと思います。
考えるのが面倒臭くなったら、とりあえず先発ドリュ+適当に2体でいいでしょう()

立ち回りは基本的に一人一殺+αです。対面構築なんでまぁ当然といえば当然なんですが。
ポイントは先発ドリュウズ+リザの並びにより、この手の対面構築系のPTでありながら対ゲッコウガがかなり安定していることにあります。
前回のver2にて思考停止スタンはゲッコウガにフルボッコにされた上、ORASになってますますゲッコウガ君は強化されたので、それに対して安定して戦えるというのはなかなかに強みになりえると思っています。
また甘えたポリ2やクレセリアといった受けポケモンをドリュウズが「呼びつつ強引に突破することができる」ので、エースの障害を排除しやすいor本来障害になるポケモンを起点にすることができるのが強力ですね。

催眠対策らしい催眠対策も無いですし、殺られる前に殺るPTなので負けるときは無様に負けるということは覚えておいてください。
その代わり・・対戦時間はとにかく短いので、無理そうならさっさと降参して次の対戦へ~ってやってもいいと思います。
そのほうがプレイヤーへの負担も少ないですし()

キツいポケモンも決して少なくないですが、こちらのやりたいことを先に押しつければそのまま押しきれるような構築にはしてあるので、とにかく迷ったら考えることをやめて殴れ!ポケモントレーナーよ!!




てなわけで以上になります。
すげぇざっくりした紹介でしたが、結構勝率もいいのでもしかしたら上手な人が使ったら結構いいとこまでいけるかも?
僕はレートに繰り返し潜るの面倒なので高レートは望めませんが・・。
とりあえずドリュウズが今・・滅茶苦茶強いゾ!!とだけ言いたかったわけです。
高レートを目指す皆さんの手助けになればと思います。




そんじゃまた



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://micchi14226.blog.fc2.com/tb.php/131-b0333678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad