FC2ブログ

ミッチーの日常風景

だらだらと綴るのみ。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ORASシングル】雨の日の団地妻PT 最終ver【スペシャル:さかさバトル】

どうもミッチーです。


レートも新シーズンが始まりましたね。
シーズン11も皆さん頑張っていきましょう。
僕はといえば度々やってくる「お祈りメール」に心を折られつつも、就活に励んでおります。
もうすぐ学校の方もテストがありますし、面倒事は続くもんですね・・。

さてもう終わったシーズンの話なので今回は簡潔にいきたいところ(願望)
前のシーズンのスペシャルレート、さかさバトルに関してですね。
以前さかさのPTに関しては草案を載せていました。
↓↓
http://micchi14226.blog.fc2.com/blog-entry-135.html  雨の日の団地妻PT
あれから潜り続けるうちにちょこちょこ細かい部分で改良を加えたので、最終verということでもう一度記事にしておこうかなと。
さかさバトルが今後またあるかはわかりませんが、自分の中で一応一区切りつけておきたいというのもあります。
一応前回の記事を見てくださった人のためにも、こちらでは実際の使用感を中心に解説していきたいと思っています。
よければどうぞお付き合いください。


PTは以下の6匹になります。
ダウンロード
ニョロトノ 熱湯/アンコ/滅びの歌/守る@脱出ボタン
オムスター ドロポン/波乗り/冷凍B/原子の力@眼鏡
ガルーラ 八つ当たり/猫騙し/不意打ち/グロパン@ガルーラナイト
ジャローダ リフスト/蛇睨み/リフレク/挑発@ゴツメ
マンムー 氷柱針/地震/氷の礫/はたき落とす@突撃チョッキ
ポリゴン2 トラアタ/放電/毒々/自己再生@輝石

PTは変わらずニョロスター+メガガルーラの並び、取り巻きや一部の持ち物等に微修正が加えられています。
環境トップクラスのジャローダに強いPTである他、ガルーラミラーになった際の安全択として脱出雨は非常に強力でした。
主軸は中々強かったものの、取り巻きの活躍がイマイチ+雨が出せなかった場合にどう立ち回るかが以前のPTの課題で、そこを補えるように工夫したつもりです。

以下、個別考察になります。


ニョロトノ あめふらし NN:ラムサス
186.png
おだやか 197(252)-*-96(4)-110-167(252)-90
熱湯/アンコ/滅びの歌/守る@脱出ボタン
【調整】
HDぶっぱ

HDぶっぱ脱出ボタンニョロトノ
いわゆるテンプレ脱出トノですね。
炎タイプがかなりキツいPTなのでこの配分で特に不自由はしませんでした。
ちなみに自身は雨で炎を多少誤魔化せたり・・。技構成もまぁ特に変わったものは入っていません。
裏選出をする場合に、ガルーラ+ジャローダorマンムーでなんとかなる場面が少なからずあり、そんな時に炎の威力を下げながらHPタンク&クッションとしてピン刺し運用もできるので便利でしたね。
耐久ベースでありながら相手の起点になりづらい点をとても評価しています。

NNは『機動戦士Zガンダム』に登場するハンブラビ隊の一人、ラムサス・ハサから。
ニョロトノ自身は黄緑なんですが・・水→青のMS関連ということで。雨エースの御膳立てをするため補助に徹するので、脇役から名前が欲しいなと思い頂戴しました。
何故ダンケルではなくラムサスが選ばれたかというと、単純にEXVSFBでよくヤザンがアシスト時の台詞で叫んで印象的(しかもクソ強い)だったからです。あのアシストおかしいだろ。


オムスター すいすい NN:ルチル
139.png
ひかえめ 145-*-146(4)-183(252)-90-107(252)
ドロポン/波乗り/冷凍B/原子の力@眼鏡
【調整】
CSぶっぱ

CSぶっぱ眼鏡オムスター
雨下で鬼のような火力の水技を放つこのPTのエースです。
基本的に上から雨サーフィンするだけですが、このルールでは氷の通りがいいのでたまに冷凍Bも打ちます。
水を受けにくる突撃チョッキ地面タイプに対して、タイプ一致眼鏡原始の力という選択肢があるのが地味ながら強力でした。ドサイドンとかによく通った気がする。
原始の力は想像以上の火力(追加効果は遂に一回も引きませんでしたが)を出してくれたので、他の雨エースとはまた違った強みを発揮できたのではないかと思います。
半減でもゴリ押したい相手がいる場合は勇気のドロポン選択も大事です。当てれば異常なまでの火力で相手の耐久が吹き飛びます。当てれば。
通常ルールと違いアローに死ぬほど弱いので要注意、基本的にアローがいたら選出は切ってしまって問題ありません。

NNは『機動新世紀ガンダムX』に登場するジャミル・ニートの憧れの女性であり、軍人時代の上司だったルチル・リリアントから。
オムスターということで・・なんとなく頭の中で「海」「化石=伝説・過去話系」というワードを思いついて、ガンダムXの「ローレライの海」を思いつきました。
個体が貴重な♀(オムスターは♂:♀=7:1)だったこともあり、これしかねぇな!ということで。
結構お気に入りのNNです。


ガルーラ きもったま NN:マチルダ
115.pngm06.png
[種族値]:105-95-80-40-80-90
ようき 181(4)-147(252)-100-*-100-156(252)
メガガルーラ おやこあい
[種族値]:105-125-100-60-100-100
ようき 181(4)-177(252)-120-*-120-167(252)
八つ当たり/猫騙し/グロパン/不意打ち@ガルーラナイト
【調整】
ASぶっぱ

ASぶっぱメガガルーラ
さかさの化身。団地妻。クソババァ
まぁよっぽどのことが無い限りさかさバトルなら使わない理由はないでしょう。
さかさに限らず八つ当たり個体は1体持っておきたかったのでコレを機に新たな個体を育成しました。
基本は先発に置いておき、積極的に殴ることで相手の(ゴツメ持ち)物理受けを確認、それらを雨に任せる・・といった動きが単純ながら強力でしたね。
先発ガルーラミラーとかいう糞ゲーが発生した場合でも、こちらはニョロトノに安全に引くことができるのでアドバンテージを稼ぎやすかったです。
配分は当然勝てる相手を増やせるようASぶっぱ、技は八つ当たり+猫+不意打ちで9割の相手は大丈夫でした。
PGLでは捨て身が多かったのが意外でしたね~やはり猫捨て身で狩れるポケモンの多さが重要だったのでしょうか。
捨て身の火力が欲しい場面は確かにありましたが、このPTは最終的にコイツで詰めることが殆どなので早死を避けて不採用です。
ラス枠は秘密の力や岩雪崩等色々試したものの、結局PT的にキツいカビゴンやラッキー等の突破に必要だったのでグロパンに落ち着きました。

NNは『機動戦士ガンダム』に登場するアムロの初恋の女性で、ミデア補給部隊隊長のマチルダ・アジャンから。
ガルーラにはなんとなく人妻or婚約者関連のNNをつけるようにしていますが、今回はマチルダさん。
アムロの初恋?まぁ憧れていた女性として非常に有名ですね。婚約者のウッディ共々悲劇のカップルですが・・。戦争イクナイ
ミライさん、ベルトーチカ等人妻系の面々は凄く宇宙世紀の人が多い気がしますが、とりあえず今回も宇宙世紀からということで。
しかしオムスターといいガルーラといい、今回〇〇の憧れの女性がNNのポケモン多いな・・いや意図してやったわけではないのですが。


ジャローダ あまのじゃく NN:トールギス2
497.png
おくびょう 181(244)-*-115-95-117(12)-181(252)
リフスト/蛇睨み/リフレク/挑発@ゴツメ
【調整】
ほぼHSぶっぱ

HSベースゴツメジャローダ
オムスターが手も足も出ないアローに強く、炎・氷全般にも汎用的に戦える&ガルーラにも悪くない、超便利ポケモンです。
基本はリフレク・蛇睨みを主軸にした場作りをベースに、チャンスがあればリフストを打っていく感じですね。
攻撃技は一貫性が高い上に殴れば殴る程強化されるので、リフストさえあれば全く問題なかったです。
ジャロミラーは裏のトノスターでしっかりカバーできるのもあり、PTとよく噛み合っていました。
初動のリフスト火力に若干不満はありましたが、それを補って余りあるサポートだったので十分かと。
配分のHSもゲンガーに強く出れる等最速の利点が少なからずあり、間違っていなかったと思います。
技構成はリフストと嫌がらせのS操作である蛇睨み、ガル対面が安定するリフレクまで確定です。
ラス枠は最初シングルのテンプレ通り光合成にしていましたが、流石に雨との相性が悪すぎたので害悪対策の挑発に変更しました。
ある程度仕事をした後は落ちて欲しいケースも少なくなかったので、回復技は使う場面がなかったのもあります。

NNは『新機動戦記ガンダムW』よりトレーズ・クシュリナーダが最終戦で乗る機体、トールギスⅡから。
ついにEXVSMBでエレガントな閣下が解禁!オメデトウ!
戦ってみましたが乗れる人が乗るとキチガイみたいに強くてビビりました。なんじゃありゃ速すぎて閣下グチャグチャになっちゃう。
EXVSのトールギス然りですが、ギスは調整が難しそうな機体ですねぇ。高起動と高火力の設定なのでアクションゲームで弱いハズもなく・・。
御三家で♀が貴重なせいもあり、ジャローダは僕の中で美形男子みたいな立ち位置なのですが、佇まいがエレガントなのでトレーズ閣下関連にしました。
エンテイに確かトレーズってNNを既につけてたハズなので、今度は乗機を採用しようということでギスⅡになったわけです。
余談ですがエレガントで有名なトレーズ閣下、実は作中でエレガントって台詞吐いてるのは殆ど無かったハズです。
そのオーラが既に視聴者にエレガントなイメージを与えているわけですね。


マンムー あついしぼう NN:イスカンダル
473.png
いじっぱり 187(12)-200(252)-100-*-111(244)-100
氷柱針/地震/氷の礫/はたき落とす@突撃チョッキ
【調整】
A
地震でH4振り化身ボルトロス確2(81.2%~95.4%)→氷の礫で高乱数で落とせる(16.1%~19.3%)
D
[突撃チョッキ込みで計算]
化身ボルトロスのC252振り珠10万ボルト確定耐え(76.4%~91.9%)
霊獣ボルトロスのC252振り珠10万ボルト最高乱数以外耐え(6.3%)(83.4%~100%)

ADぶっぱ突撃チョッキマンムー
友人のしるべ君からの貰い物個体です。
さかさバトルでは電気・毒以外に弱点無しという脅威の耐性で、PTをしっかり支えてくれました。
炎・氷に弱いさかさバトルの雨の弱点をしっかりカバー、さらにタイプ一致で遂行できる強力なポケモンであります。
シングルの雨だし氷だしマンムー入れるか・・くらいで採用していたのですが、前回記事でのコメントでアドバイスをいただき、さかさ用にカスタマイズしました。
氷に強い氷としてこのルール屈指のスペックを誇るポケモンですね。基本的に素晴らしい耐性を活かして後投げしていた印象があります。
配分は当初はいじASベースで採用していましたが耐久が全く足りず没に。
H4振りの化身ボルトを地震→氷の礫でかなりの高乱数で落とせるのでA特化(個体値甘えてると死ぬ)を一つのラインに設定しました。
残りはボルトの珠10万等高速電気とワンチャン戦えるまでD振り+突撃チョッキで、主に氷がサブで持つ役割破壊の電気技にも強い汎用特殊受けの完成!
素晴らしい特殊耐久で、雨が選出できなかったときの草受けとしても重宝しましたし、とにかくこのPTの窮地を救ってくれたポケモンです。
S振りが欲しい場面が無く、Dに厚くして助かった場面が沢山あったので、この判断は間違っていなかったと思います。
技構成はオニゴーリにイライラしたので氷柱針、一致の地震と優秀な先制技である氷の礫まで確定です。
ラス枠は色々案があったのですが、コメントでアドバイスがあったゴツメや輝石を落とせるはたき落とすにしました。
氷がよく通るので打つ機会は少なかったのですが、確かに活きる場面もあったので使用感としては中々よかったと思います。

NNはしるべ君にお任せしたところイスカンダルに。
Fate/ZEROのライダーのチャリオットをイメージしたんだとか。
僕自身Fateは大ファンなので中々嬉しいネーミングでした。


ポリゴン2 アナライズ NN:なし
233.png
ひかえめ 191(244)-*-112(12)-172(252)-115-80
トラアタ/放電/毒々/自己再生@輝石
【調整】
H
16n-1調整 天候・状態異常ダメ最小
B
メガガルーラのA特化親子愛捨て身確定耐え(40.8%~48.6%+20.4%~24%)
C
アナライズトラアタでH4振り化身ボルトロス確2(65.8%~77.4%)
アナライズトラアタでH4振りメガガルーラ中乱数2(67.6%)(46.4%~55.2%)
アナライズ放電でD4振りガブリアス確1
アナライズ放電で2↑H252振りライコウの身代わりが確定で壊れる
D
化身ボルトロスのC252振り珠10万ボルト確3(35.6%~42.9%)

HCベース輝石ポリゴン2
後輩であるみつこ君からの貰い物個体です。
この枠は今ひとつマッチするポケモンが見つからず、色々悩んだ枠でした。
ウルガモス、ラティオス、サンダース、霊獣ボルトロス等色々な案が浮かんだもののどれも没に・・。
最終的にこの枠にはPTでキツめな化身ボルト等の高速電気を簡単に捻りつつ、相手の地面にも弱くない欲張りポケモンを探すことになったので、まぁ当たり前ですが。
まぁ色々なポケモンを試していった結果、汎用受けとしても優秀で苦手なポケモンが少ない輝石ポリゴン2を採用しました。
特性はなんとなーくbox探してたら見つけたアナライズ個体を採用()
トレースやダウンロードもアリかなーとは思いますが、オムスターの波乗り圏内に押し込みやすかったのでアナライズも悪くない気はしてます。
配分まで思考停止でHCはマズかったかも・・耐久ちょっと足りないって思う場面もありました。
ただ火力の高さに救われた部分もあったので、まぁプレイヤーの癖次第ってトコでしょうか。
個人的には前のめりなこのポリ2君、PTも前のめりなメンツですし嫌いじゃなかったです。
技構成はトラアタと自己再生が確定、地面への打点を意識した放電も準確定でしょうか。
ラス枠はミラーや面倒な耐久系全般に欲しい毒々をチョイスしました。

貰い物なんでNNは無しです。


【コンセプト】
見ての通り、コンセプトは「雨眼鏡オムスターで暴れた後にメガガルーラで詰める」という単純なものになっています。
さかさバトルで数多発生するメガガルーラミラーという糞ゲーに対して、自分なりの一つの回答を見出したかったというのが大きく、そのためのオムスター採用になりました。
その他雨エースと違い眼鏡波乗りでガルーラを高確率で落とせる火力はとても頼もしく、交換されたとしても裏のポケモンは半減だろうとタダでは済みません。
またその他雨エースと違いタイプ一致で地面タイプに有効打がある点、素のBが中々高く半端な先制技では沈まない点、地味に水等倍な点などこのポケモン独自の強みもあります。
そして取り巻きのコンセプトとしては「雨選出できなかった場合に、ガルーラ入りスタンとしても動けてトノスターとも組めるメンツ」を並べること。
例えばトノスターが選出をほぼ切ることになるアロー入りの構築は、当然ジャロを選出するわけですが、ジャローダ自身もトノスターと組むことができます(炎受けのジャロと草への遂行が強いトノスター)。
トノスターと組める+単体で雨無しでも強力な連中を並べることで、ガルーラ軸スタンとして出した際にもPTスペックを落とさなくて済むと思いました。つまりは強ポケが(ry
主軸の雨でも裏選出でも、基本的に前のめりなPTになり、試合時間も全体的に短いのでサクサク対戦することができたのは僕自身の性格的にも結構大きかったかもしれません。

【選出と立ち回り】
[基本選出]
(先発):m06.pngメガガルーラ (後発):186.pngニョロトノ 139.pngオムスター
基本の並びであるガルトノスター。前の記事でも紹介しましたが一応。
ガルーラミラーは本来お互いに猫騙しを打ち合うor引くので、こちらは素直にトノを投げます。
裏が見れればほぼゴツメ持ちで確定な上に情報アド、殴ってくれれば猫を消費しつつ雨スターの降臨です。
脱出展開の関係上、自然とメガガルーラが詰めの駒に入ってくるのは使っていて強力だと感じました。

[メガガルーラ以外のポケモンが先発]
(先発):メガガル以外の誰か (後発):186.pngニョロトノ 139.pngオムスター
基本選出なのでガルトノスターを軸に話したものの、このPTは基本的にトノスター+αの選出ができるようになっています。
マンムー+トノスター、ジャロ+トノスター、ポリ2+トノスター、どれも違う強みがあり、トノスターの水技を強引に通していくための並びとして機能します。
選出の時のミソとしては、
①オムスター(の水技)が刺さっているかの確認
②刺さっていた場合、障害になるのはどのポケモンか
③ソイツに強い奴を取り巻きから選ぶ
これだけ。とても簡単です。めんどくせぇ場合はガルーラで()
全体的に水の通りがいい場合は、例外的にアロー入りであろうとジャロ+トノスターで出していく場合もあったりします。
その場合は最終的にジャローダが詰めの駒になりますね。リフストで全抜きじゃ。ダメなら次の対戦へ。

[雨がダメな場合の裏選出]
(先発):m06.pngメガガルーラ (後発):何か2体(473.pngマンムー+αが多め)
雨選出ができなかった場合の選択肢です。
アローやらバシャやら、明らかに雨出しづらそうなメンツが並んでいた場合は無理せずこの選出をします。
まぁこのルールメガガルーラがとにかく強いので、困ったときはタスケテ!メガガルーラ!!すればなんとかなる!
逆さのPTの多くはガルーラ+マンムーで誤魔化しが効くため、特にこの2匹は多く選出した印象がありますね。
ジャロとポリゴン2は、上2匹のケアが行き届かない奴を見るために採用してました。
地面のケアが必要ならポリゴン2、ガルーラや飛行等のケアが必要ならジャローダ・・といった感じ。
また、メガガルーラとマンムー2匹である程度戦えそうではあるものの、過労死待ったなし・・という場合は、脱出ボタンを活かしてニョロトノを採用することも。
地味に雨による炎半減の恩恵を受けて、メガガルーラが対バシャーモ最強クラスのポケモンになったりもして面白かったです。

[雨もメガガルーラも動きづらそう]
(先発):497.pngジャローダ (後発):473.pngマンムー 233.pngポリゴン2
かなり無理ゲー臭い。が・・・使っているポケモンは強い。頑張れ。



以上になります。
とにかく殴って殴って勝つPTだったので、勝てる時は一気に勝てますし、負けるときもアッサリ負けます。
特にクレベース+レジアイスの受けループにはものの見事にハメられたりしました()
ガルーラ環境すぎて糞ゲーなこのルールではありますが、メガフーディンがKP上位にいたり意外なポケモンが凄かったり、新しい発見があるルールでもありました。
次回作では、今度こそフレ戦でさかさバトルができるようになっていることを願って、この記事を〆させていただきます。




P.S.
さかさバトルどころか今シーズン中最も爆笑したハイライトを一つ。
①メガガルーラで猫騙し→ベロベルトは怯んで動けない!→ベロベルトのスカーフ大爆発!
→猫+八つ当たりで爆発前に仕留めようと甘えて居座ったメガガルーラ爆 死

②ジャロでリフスト→ナッシーが襷で耐えてトリル
→リフスト警戒でマンムーに引くも大爆発をされてマンムー爆 死

③トリル下メガバクーダ降臨→為す術もなくジャロが一致力づく大地の力で爆 散

L O S E
何が起こったのかよくわからんかったが、とりあえず完敗ということだけわかった。
対戦ありがとうございました。











そんじゃまた




















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://micchi14226.blog.fc2.com/tb.php/140-0a0da554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。