FC2ブログ

ミッチーの日常風景

だらだらと綴るのみ。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ORASダブル】腹太鼓入り威嚇サイクル【ライボルトコントロール】

どうもミッチーです。


とりあえず僕はテストが終わりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
まぁそんなにゲームをする時間もとれないので、のんびり記事書くくらいしかできませんが。
最近は禁書熱が再燃しています。そうです。とある魔術の禁書目録。
とあるシリーズに一番ハマっていた頃並ですね~この作品を応援して結構経ちますが、未だに魅力を失わないのは素晴らしいの一言ですね。

さて、そろそろダブルのPTを一新しようと思ったので、前シーズンから使っていたPTを公開しようと思います。
まぁ環境的にも向かい風な気がするので、今の環境だと少し動きづらいかな?というのもありました。
一応今の環境に合わせた改善案もいくつか考えているので、詳しいことは個別考察の方で。
あとまぁ・・アレだよ。トレーナーカードジェネレータがカッコヨすぎてな。コレ使いたかったんや。

PTは以下の6匹になります。
ダウンロード
ライボルト ボルチェン/めざ氷/バクア/守る@ライボルトナイト
マリルリ アクジェ/じゃれつく/腹太鼓/守る@オボンの実
霊獣ランドロス 地震/岩雪崩/馬鹿力/蜻蛉返り@スカーフ
サザンドラ 流星群/悪波動/熱風/大地の力@眼鏡
ガルーラ 捨て身/けたぐり/猫騙し/守る@ガルーラナイト
ヒードラン 火炎放射/ラスカノ/身代わり/守る@残飯

いわゆるライボルトコントロールです。まぁ有名な構築ですね。
まぁ後輩と以前ライボルトコントロールに関して話してて、今組むならどうなんのかね~ってなってました。
メガライボルトは一度使ってみたかったメガ進化だったので、コレを機に組んでみることに・・というのが構築を組む経緯ですね。
威嚇ループの主軸であるライボルト+霊獣ランドロス、積みエースのマリルリが主軸になります。
基本選出のラス枠は、PTの弱点である「初ターンの攻撃性能の低さ」を補える高火力+浮いてるポケモンが欲しかったのでサザンをチョイス。
初ターンの攻撃性能が薄いとトリル系のPTに好き放題されてしまうので、そういう意味でもサザンはマッチしていた気がします。
残りの枠はメガライボルトが刺さらなかった場合のサブ選出でメガガルーラ、対フェアリー性能に優れモロバレルにも強いポケモンとしてヒードランを補完に並べました。

以下、個別考察になります。


ライボルト ひらいしん NN:アマツ・ミナ
310.pngm21.png
[種族値]:70-75-60-105-60-105
おくびょう 167(172)-*-80-145(156)-80-162(180)
メガライボルト いかく
[種族値]:70-75-80-135-80-135
おくびょう 167(172)-*-100-175(156)-100-195(180)
ボルチェン/めざ氷/バクア/守る@ライボルトナイト
【調整】
H
8n-1調整 状態異常ダメ最小
B
霊獣ランドロスの1↓A特化地震ダブルダメ込み確定耐え(73%~87.4%)
ガブリアスの1↓A252振り珠地震ダブルダメ込み確定耐え(79.6%~95.2%)
メガガルーラの1↓A特化親子愛捨て身タックル確定耐え(52.6%~62.8%+25.7%~31.1%)
C
[メガ時]
ボルチェンで無振りファイアロー確1
めざ氷でH4振り霊獣ランドロス高乱数1(81.3%)(96.9%~116.3%)
めざ氷でH4振りメガボーマンダ低乱数1(18.8%)(86.5%~102.9%)
S
最速95族抜き
[メガ時]
最速125族抜き

HSベースメガライボルト
バークアウトやランドロスと組んでの威嚇とんぼルチェンでPT全体のサポートをするポケモンです。
相手のPTをしっかり見てどの行動が相手にとって嫌かしっかり判断すること、単体性能に優れるわけじゃないので選出ミスは命取りです。
環境に刺さっているとは言い難いポケモンですが、まぁ結局威嚇はよく刺さるし、メガマンダとファイアローに対して有利が取れるのは確かな強みだと感じました。
火力があるわけではないため、強引に相手を縛ったりすることはできませんが、威嚇サイクルが決まった際の安定感は素晴らしいものでした。
とにかく相手に「ウザい」と思ってもらうのが大事なので、上手に使い潰していきましょう。
技構成はサイクル戦を回すボルチェン、と守るまで確定です。
ライボルトを使っていて、マンダに強いことが現環境における一番の強みだと感じたので、遂行技としてめざ氷が自然と入ってくると思います。
まぁ元々電気+氷はテンプレ技構成ですが、特に今は他の技よりも優先度が高いと感じました。
マンダに強くするためには当然Sラインを上げる必要があるため性格も臆病の個体を用意、耐久ベースの配分で競り負けないようになっています。
とんぼルチェンのサイクル+サザンドラがいるPTなのでメガゲンガー抜きは切りました。ファイアローは元々有利なので無理にS努力値を割く必要はありません。
ラス枠は迷ったものの、補助が主な仕事になると考えていたためバークアウトを採用しました。
ガルーラ・サザンドラ・ドランのお陰でクチート・キザンにもそこそこ戦えるor選出しないという選択ができるため、このPTではオバヒの優先度は低そうです。
今の環境を意識するのであれば、バークアウトより素直に10万ボルトかな・・?

NNは『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ΔASTRAY』に登場する、アストレイゴールドフレーム天ミナから。
叢雲劾によって破壊されたゴールドフレーム天をオーブが回収、宇宙ステーション「アメノミハシラ」で新たに改造を施した機体です。
EXVSFBでも、良好な機動力と高い強襲性能をベースとして全体的にかなりのハイスペックにまとまった高性能機になっていますね。
その高い機動力とミナ様のオーラ=威嚇ってことでメガライボルトにつけてみましたが、割と似合ってる気がしてます。
そんな天ミナ程にハイスペックなポケモンじゃないですけど。


マリルリ ちからもち NN:かざはな
184_4.png
いじっぱり 204(228)-110(236)-100-*-100-76(44)
じゃれつく/アクジェ/腹太鼓/守る@オボンの実
【調整】
H
4n調整 オボン効率重視
A
6↑力持ちアクジェでH4振りメガガルーラ中乱数1(50%)(91.7%~108.2%)
6↑力持ちアクジェでH252振りメガガルーラ確2(78.3%~92.4%)

HAベースオボンの実マリルリ
友人のこうさんからの貰い物個体
ライボ&ランドによる威嚇とんぼルチェンで、削られやすい耐久をカバーしてもらいつつ隙を見て腹太鼓を積む型です。
あまりマリルリというポケモンをダブルで評価していなかったのですが、水タイプなので致命傷を負いづらく、PTの補助もあるためかなり積みやすい&扱いやすいATでした。
勿論腹太鼓より普通に殴ったほうがいい場合は、ただのオボンマリルリとしても扱うことができます。
相手のポケモンの火力が低く、中々縛られづらいような場合は積極的に積んでいきましょう。
HPが僅かでも残っていればアクジェで大暴れできるハズです。
配分はHAベースにしつつSを気持ち高めに設定、ほぼテンプレ通りになっています。
正直ASでもいい気はしましたが・・腹太鼓に特化したPTではないため、普通のオボンマリルリとして扱う場面も考慮してHA基調を維持。
技構成はアクジェと腹太鼓、PTが若干サザンドラの処理に苦労しそうな気がしたのでじゃれつくまで確定です。
ラス枠には普通に滝登り、バレルに等倍をとれる恩返し、ナットに打てる馬鹿力やはたき落とす等候補は沢山ありましたが、守るを選択しました。
腹太鼓を積むと、2体の集中攻撃やアローのブレバで潰しにくるプレイヤーが大半なので、1度守るを挟むことで相方の無償降臨や行動回数の確保をしやすくなります
実際にPT内には縛り性能の高いポケモンが多く、太鼓マリルリの守るが読まれづらかったのか相当効果的に機能しました。
優勢時の制圧から劣勢時の大逆転要素まで、幅広く活躍してくれた今PTのMVPです。

NNは『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』で傭兵部隊サーペントテールの見習い隊員、風花・アジャーから。
マリルリ=青→アストレイブルーフレームという感じで、ブルーフレーム関連のNNをつけていました。
♀個体が生まれたので、単純のMSの名前にするか・・と思っていたら他の個体のマリルリでつけていたので、サーペントテールの女性隊員からいただこうということで。
マリルリは可愛い系なので、風花ちゃんの名前をつけることに。
大人顔負けの判断力を活かして、叢雲劾の代理として交渉にくる程の優秀な女の子ですが、時折見せる年相応の女の子らしさが可愛いですね。


霊獣ランドロス いかく NN:マスター
645r.png
個体値:29-31-31-13-31-28
いじっぱり 167(28)-202(148)-122(92)-*-100-140(240)
地震/岩雪崩/馬鹿力/蜻蛉返り@スカーフ
【調整】
H
8n-1調整 状態異常ダメ最小
A
馬鹿力でH4振りメガガルーラ確2(83.9%~99.4%)
B
キリキザンの1段階上昇A特化珠不意打ち確定耐え(83.8%~98.8%)
S
最速75族(ドーブル)抜き

ASベーススカーフ霊獣ランドロス
複数ルールのお供として有名なポケモン、トリプルで使っている個体を流用しました。
ライボルトと組んでとんぼルチェンでの削りを入れながら、威嚇でPT全体の物理耐久を底上げをするのが仕事です。
一般的にライボルト入りは耐久振りが多いらしいのですが、テラキがキツめのPTなので素直にスカーフを採用しました。
配分は流用個体なのでトリプルのスカーフドーブルを意識したSラインを確保、キザンの不意打ち耐えにBを割いて残りAになります。
Aの低い霊獣ランドロスが嫌いなので、限界まで努力値を節約してAに割いています。結構お気に入りの配分ですね。
性格は当然火力を求めていじっぱり、ようき個体じゃないのでS個体値は少し甘えてますが、必要なSラインは確保できているので問題ありません。
技はテンプレ3つ+ライボルトとの相性を考えて蜻蛉返りを採用、サザンと並んだときの制圧力が優秀そうなので、打ちにくそうですが地震を刺しています。

NNは『機動武闘伝Gガンダム』より、東方不敗の愛機マスターガンダムから。
5世代で化身ランドロスを初めて見て以来、ランドロスには東方不敗のNNをつけています。ポーズが凄くそれっぽい。
霊獣ランドが発表されてからはちょっとNNがしっくりこなくなってしまいましたが、5世代で使っていた個体から素直に襲名した形になります。
(スカーフで)速い!火力が高い!(威嚇で)圧力がある!物理で殴る!と考えれば、EXVS民ならマスターらしさが伝わるハズ。


サザンドラ ふゆう NN:ノワール
635_4.png
ひかえめ 167-*-110-194(252)-111(4)-150(252)
流星群/悪波動/熱風/大地の力@眼鏡
【調整】
CSぶっぱ

CSぶっぱ眼鏡サザンドラ
浮いてて水・草・電気・霊等への耐性も優秀、トリルPTへの対策、キザンにも強め・・等4枠目に欲しい要素を全て持っているポケモンとして採用しました。
攻撃性能が高いキリキザンも考えてみたのですが、コントロール系のPTなので耐性と耐久を優先した形になります。
配分は耐久をPTである程度補助できるので、攻撃性能を限界まで引き出せるCSぶっぱです。
高火力ポケモンがPTにおらず、即効打点に欠けるので持ち物は眼鏡を採用しました。
技構成は面倒なやつを一撃で葬れる流星群、一貫性の塊悪の波動、バレル等に怒りの粉をされてもしっかりキザンを処理できる熱風まで確定です。
ラス枠は別にドランに薄いわけじゃないしフェアリーへの打点にもなるラスカノか・・?とも思いましたが、全く打たなかったので素直に大地の力に。
そもそもあまり打つ技ではないですが、バンギへの命中安定の削りになったり等活躍した場面もそこそこあった気がします。

NNは『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER』より、連合軍のMSストライクノワールから。
5世代で使っていた眼鏡サザンドラのNNを襲名しました。
パイロットのスウェンもイケメン、機体デザインもカッコイイ、カラーも黒、まさにサザンドラにぴったりのNNかなと。
EXVSFBをプレイしている方だと火力の低さがちょっとサザンと噛み合わないかもしれませんが、それ込みでもサザンと相性がいい気がします。


ガルーラ きもったま NN:ベルトーチカ
115.pngm06.png
[種族値]:105-95-80-40-80-90 
ようき 181(4)-147(252)-100-5*-100-156(252)
メガガルーラ おやこあい
[種族値]:105-125-100-60-100-100
ようき 181(4)-177(252)-120-*-120-167(252)
捨て身タックル/けたぐり/猫騙し/守る@ガルーラナイト
【調整】
ASぶっぱ

ASぶっぱメガガルーラ
い つ も の
ライボルトが刺さってなかった場合のサブメガ進化枠として採用しました。
PT的に普通のスタンとしても比較的動きやすいので、ガルーラを出した場合は普通のガルランドで動かします。
補完の枠なので配分・技構成共に変わったものは特にありません。
ランドやサザン等縛り性能の高いポケモンが多いので、ガルーラの守るはとても便利でした。

NNは『機動戦士Zガンダム』にて登場するアムロのパートナー、ベルトーチカ・イルマより。
詳細は過去記事にて。
http://micchi14226.blog.fc2.com/blog-entry-128.html


ヒードラン もらいび NN:レウルーラ
485.png
個体値:26-6-29-31-31-31
おくびょう 181(136)-*-125-162(92)-130(28)-141(252)
火炎放射/ラスカノ/身代わり/守る@残飯
【調整】
H
4n+1調整 身代わり効率重視
B
霊獣ランドロスのA特化岩雪崩をダブルダメ込みで身代わりが確定耐え
C
火炎放射でH4振りキリキザン確1
火炎放射でH4振り化身ボルトロス確2(54.1%~63.8%)
ラスカノでH252振りニンフィア確2(50.4%~59.4%)

HSベース残飯ヒードラン
フェアリーが滅茶苦茶キツいPTなので自然とラス枠の補完に入ってきました。
マリルリが主軸なので、ナットレイやモロバレルに有効な打点を持てるヒードランの方がギルガルドより合ってると思います。
配分は最低限のCラインを確保して、役割対象の攻撃を余裕を持って耐えられるように残りをHSベースに振りました。
技構成はフェアリーへの遂行技としてラスカノ+縛り解除から詰めまでできる守るまで確定です。
マリルリを選出できなかった場合の詰め筋になれそうだったので、残飯と相性のいい身代わりを採用してみました。
炎技は当初熱風だったのですが、流石に火力がなさ過ぎて遂行速度が遅かったので火炎放射に。
マリルリ・サザン・ランド・ガルーラと相手の炎に対しての打点&受け先に困るPTではないので大地の力は不採用となっています。
予定通り詰め筋にもなれるので使用感は悪くなかったのです。
ただ今の環境で身代わりを残すのは威嚇サイクル込みでようやく・・といった印象を受けました。やはりメガガルーラのけたぐりが痛いですね。
このままでもいい気はしますが、ひかえめ個体をお持ちの方ならHCベースの3ウェポン@防塵ゴーグルの方が環境にマッチするかも。

NNは『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より、新生ネオ・ジオンの旗艦レウルーラから。
赤いフォルムと戦艦のような重厚感溢れるフォルムからぴったりだと思っったNN、5世代のドランから襲名しました。
ネオ・ジオンの旗艦として逆襲のシャアでは勿論、機動戦士ガンダムUCでも袖付きの旗艦として登場していましたね。
ガンダム戦艦の中でもトップクラスのかっこよさだと思います。



【コンセプト】
PTコンセプトは「とんぼルチェン威嚇サイクルによるサポート&削りから、積みエースによる制圧」になります。
扱いやすさは中々のもので、コンセプト通りの立ち回りは勿論、サイクルを回しながら有利対面を生み出し続けるとんぼルチェン本来の動きも強力でした。
積みエースには元々はスイクンをチョイスし、瞑想を積んでいたのですが、遂行速度・積み速度・積んだ後の制圧性能どれも全く足りませんでした・・。
どうしたもんかねぇ・・と頭を悩ませていたところ、必殺仕事人が同タイプにいることを思い出し、腹太鼓マリルリを代案として組み込んだ形になります。
マリルリは普通のオボンマリルリとして動くこともできるので扱いやすく、対応範囲の広いPTへと進化しました()

威嚇サイクルPTの宿命といいますか、負けん気or勝ち気ポケモンがいるPTが苦手そうですが、その場合はメガガルーラで素直に立ち回ればいいのでそこまで不利にはなりません。
また、劣勢時の逆転性能の高さもこのPTの特徴です。
このPTはガルーラ・サザン・ランド・ドランと有利な相手に滅法強い連中が多く、相手のポケモンを縛る状態が度々発生します。
威嚇サイクルが機能しなかった場合でも、この縛り性能の高いポケモンに注意を引きつけてる間に積極的に腹太鼓を積むことで、不利な状況から一気に大逆転が可能です。
最後まで諦めず、強引にワンチャンを掴んでやりましょう。

【立ち回りと基本選出】
先述の通り基本的にはとんぼルチェンを軸に戦います。
相手のPTを削りつつ、なるべく有利対面を生み出し続けるようにしていきます。
威嚇枠の2枚は後出しも十分できる耐久があるので、場合によってはサザン等を降臨→次ターン相方を威嚇枠に交代等も有利対面を生み出せるなら選択肢です。

注意すべき点はとにかく「メガライボルトが舐められやすいこと」です。
このPTで恐らく最も圧力が無いポケモンであるため、放置されやすく味方が集中砲火を貰いやすいです。
先発で選出した場合はポケモンの性質上初手で守りやすいというのもあり、特に顕著だった印象があります。
一応耐久にも割いているのである程度の攻撃なら耐えますし、初手でボルチェンが打て無さそうなPTにはライボルトを先発で出すことに固執し過ぎないことが重要です。
なんだかんだ言って特性避雷針は強力ですし、先発にランドを置けば威嚇も入るので、物理なら割といい感じに耐えてくれます。
特にガルーラ入りの場合は、ランド+αから始めればランドロスが猫を集めやすいので、メガライボルトを投げるチャンス!

このPTはいかにとんぼルチェンをしながら相方で有利対面を維持しつつで殴り勝つかが大事なので、先発後発は相手のPTによってマチマチです。
ですので今回は選出するポケモンだけを紹介することにします。
[基本選出]
m21.pngメガライボルト/184_4.pngマリルリ/645r.png霊獣ランドロス/補完枠(ほぼ635_4.pngサザンドラ)
基本の並びであるライボ+マリルリ+ランドに、補完として最も機能するサザンドラを組み込んだ形。
先述の通り初ターンからボルチェンをガンガン打っていけそうならライボルト先発、ガルーラ入りには基本霊獣ランド先発でいきましょう。
やはり一致ボルチェンの削り性能は馬鹿にできず、威嚇サイクルが上手に決まるとメガライボルトがとにかく相手からしたらウザい奴になっています。
自由にサイクルを回すためにも、処理に苦労しそうなやつはサザンの高い縛り性能を活かしてなるべく速い段階で潰しておくのがポイントです。

[ライボルトが刺さらなかった場合]
m06.pngメガガルーラ/635_4.pngサザンドラ/645r.png霊獣ランドロス/補完枠(485.pngヒードラン多め)
ライボルトが刺さらなかった場合の基本選出。メガガルーラ軸の普通のスタンで戦います。
取り巻きは皆スペックの高いポケモンで固まっているので、こちらの選出でも十二分に戦えるハズです。

[ミロorキザン等がいる場合]
m06.pngメガガルーラ/635_4.pngサザンドラ/補完枠@2(威嚇を出す場合は慎重に)
相手に勝ち気組がいて威嚇にリスクがある場合の選出になります。
基本はメガ枠はガルーラでほぼ確定、キザン・ミロいずれにも遅れをとらないサザンドラも準確定です。
相手の取り巻きに大体ガルーラがいることが多いので、できれば霊獣ランドロスは刺したいですがそこは状況次第になります。
ガルサザンと並べると、基本的に相手のガルーラはサザンドラの処理を優先してくるので、サザンに飛んでくる技を強引に受けられるマリルリがいると便利でした。


以上になります。


ライボルト入りとはいうものの、メガライボルトが選出できなかった場合はガルーラ頼りになるのがちょっと悲しいですね・・。
ただし基本選出で戦えるPTが殆どですので、メガガルーラを出す機会自体はそこまで多くはなかったです。
キツい相手にはとにかくオネガイガルーラ!!
ライボルト入りコントロールは、話題になった時期にあまりダブルをやっていなかったのもあり結局触らないままの構築だったので、今回組めて楽しかったです。
失敗も色々あったり試行錯誤したPTですが、僕の中でのメガライボルト入りはとりあえずコレである程度終わりでいいかな~と思っていたり。
上手にコンセプトが通った時は高速とんぼルチェン&威嚇ループの恐ろしさを改めて実感することになりました。
そしてミロカロスへのヘイトが一気に高まったミッチーであった・・。
キザンは元々クソポケです。ハイ。

最近はトリプルとスペレが熱いですね。
トリプルはメガゲンガー入りスタン、スペレはやまぽけオフ以来久々にメガチルタリス入りを使っています。
また近いうちに記事書きたいと思ってるので次回もお楽しみに!
















そんじゃまた
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://micchi14226.blog.fc2.com/tb.php/141-cde105c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。