FC2ブログ

ミッチーの日常風景

だらだらと綴るのみ。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【トリプル】メガゲンガー入りを組むために【自分用まとめ】

どうもミッチーです。

こちらの記事でも一応、明けましておめでとうございます。
いやー色々なことがありすぎた2015年でしたね…心機一転、今年も頑張っていきたいと思っています。
春からは社会人になりますし、更新頻度がさらに落ちてしまいそうですが、なんとか続けていく予定ですので、応援よろしくお願いします。


さてさて新年一発目のポケモン記事はトリプルのお話。ゲンガー入りのスタンについて。
トリプルにおいてゲンガー入りのスタンというと、有名強者のアンニュイさんがXY初期の頃からしばらく使っていて、トリプル定期大会でも運用されていたのが印象的です。
詳しくはこちらの記事へ。
http://d.hatena.ne.jp/ennui_noon/20140608/1402236240    アンニュイあぁんてい
↑原案…だと思う。読んでいるだけでも、どう動くかが凄くイメージしやすい。
http://d.hatena.ne.jp/ennui_noon/20150330/1427643165    アンニュイあぁんてい 
↑雨乞いを仕込む案を頂いた記事。
暫くメガゲンガー入りを主軸に研究されており、僕もよく記事を参考にさせていただきました。
そうしているうちに、僕の中でもこの構築を使ってみたいと思うようになり、数シーズン前からちょくちょく使っていたわけです。
非常に感触がよく、流石強い人の結果を残した構築はヘナチョコが使っても強いなぁ…と関心するばかり。
しばらくトリプルから離れていたのですが、最近またトリプルに潜りたいと思ってきたので、ちょっと振り返ってみることにしました。
今後この構築を使っていく上で修正点や入れたいポケモン等もあり、手元でメモも溜まってきたのでこの辺で一度整理しておこうかなぁと。

構築のコンセプトは簡単で、「メガゲンガーで交換制限をかけながら有利対面を生み出し制圧する」というものです。
影踏みによる交換制限とメガゲンガー自身の高い単体性能のお陰で非常に強力かつ、立ち回りや勝ち筋がわかりやすい構築になっています。
さて、では早速PTの移り変わりを…。

ver0
m05.png635_4.png700.png237.png628.png
ゲンガー  シャドボ/ヘド爆/身代わり/守る@ゲンガナイト  おくびょうHcS
サザンドラ 流星群/悪波動/熱風/大地の力@眼鏡     ひかえめCS
ニンフィア ハイボ/ムンフォ/手助け/守る@精霊プレート   ひかえめHCs
カポエラー インファ/猫騙し/手助け/ワイガ@脱出ボタン   しんちょうHaD
ウォーグル ブレバ/フリフォ/追い風/雨乞い@スカーフ    ようきAS
?(忘れた)

最初に使った構築。
基本に忠実に○+ゲンガー+○という状況をイメージした結果、まぁ波動のプロことサザンドラの採用が順当に決定。
影踏み無効の霊に対して圧力がデカいのもgoodである。
もう一つの対角まで届く技として飛行打点があり、同時にゲンガー・サザン両方に上から打点を持つスカーフ霊獣ランドに楽をさせないため、負けん気ウォーグルを仕込むことに。
この3枚を主軸にした構築で、かつゲンガー入りで重くなるリザードンに強くなれるようスカーフ雨乞いを搭載した。
全体的にゲンガー入りの構築の立ち回りを体感するために使った試作用PTだったが、ゲンガー+サザンドラはとにかく強力。
PTコンセプトの強力さは実感することができた。
全体の勝率自体は微妙。

ver1
m05.png635_4.png700.png237.png245.png212.png
ゲンガー  シャドボ/ヘド爆/挑発/守る@ゲンガナイト    おくびょうHcS
サザンドラ 流星群/悪波動/熱風/大地の力@眼鏡     ひかえめCS
ニンフィア ハイボ/ムンフォ/手助け/守る@精霊プレート   ひかえめHCs
カポエラー インファ/猫騙し/手助け/ワイガ@脱出ボタン   しんちょうHaD
スイクン  熱湯/追い風/雨乞い/眠る@オボンの実      おくびょうHS
ハッサム  バレパン/蜻蛉返り/燕返し/はたき落とす@鉢巻  いじっぱりHA

本格的に使い始めたのはここから。
ゲンガーの技は微修正したが、基本的に上記4体は固定でいいと判断した。
ランドロス・ファイアローに隙を見せないS操作要員(というか追い風)として、めざ氷サンダーかスイクンが挙がり、複数ルール用のめざ氷サンダーを持ってないので、スイクンを採用することにした。
図太いではなく臆病個体しか持っていないのだが、85族というSラインは大体のリザードンよりも速く、上から雨乞い&ゲンガーロックで置物にできる点がとても便利だったので、結果的に臆病で正解だった。
ラス枠には重めの叩き・一応ゲンガー以外でのフェアリーえの圧力として久々にハッサムを採用してみたが、鉢巻バレットでドーブル落とせないという醜態を晒したので解雇。
ハッサムのことはまぁ半分冗談にしても全体的にドーブル入りに薄く、ここはしっかり改善すべきとして解散することになった。

ver2
m05.png635_4.png700.png237.png488.png485.png
ゲンガー  シャドボ/ヘド爆/挑発/守る@ゲンガナイト    おくびょうHcS
サザンドラ 流星群/悪波動/大地の力/守る@珠      ひかえめCS
ニンフィア ハイボ/ムンフォ/めざ地面/マジコ@眼鏡     れいせい最遅HC
カポエラー インファ/猫騙し/ワイガ/フェイント@脱出ボタン しんちょうHaD
クレセリア ショック/冷凍B/手助け/トリル@ラムの実     なまいきHCd
ヒードラン 熱風/ラスカノ/身代わり/守る@火の玉プレート  おくびょうHcS

ハッサムを抜き、ドーブル耐性を意識して組んだver2。
ついでにver1で結構キツかったファイアロー意識ということでヒードランの採用が決まり、ヒードランを入れるならということでドラン+ニンファのわかりやすい軸で戦うことにした。
ランドに強いS操作要員としてクレセリアを採用し、トリル軸(臆病のドランしか持ってないけど)でいくことに。
ゲンガー入りでトリル軸って大丈夫か…?とは思ったものの、物は試しということでとにかく動かしてみた。
使い勝手としては案外やれないこともなかったのだが、正直マジコ持ちとラムの実持ちトリックルーマーが入れば、ドーブル対策としては十分だったので、ゲンガーの挑発は少なくとも身代わりにするべきだった気がする。
感触自体はよかったが、地面が一貫しているのにゲンガーに身代わりを入れなかったせいもあってか、全体的にランドに押し切られることが多かった印象。まぁ当然。
そしてPTを見ればわかると思うが、ver1でリザードンに全然負けてなかったせいかゲンガー入りはリザが重いことを失念していた。
リザニンフィアに雑に範囲技を打たれているだけで何も抵抗できずに負けてしまったりして解散。
ゲンガー入りでトリルとは相手も読みづらいらしく、奇襲性能自体は高かったので選択肢としてはアリかもしれない。

ver3
m05.png635_4.png700.png237.png245.png663.png
ゲンガー   シャドボ/ヘド爆/挑発/守る@ゲンガナイト    おくびょうHcS
サザンドラ  流星群/悪波動/竜波動/熱風@眼鏡     ひかえめCS
ニンフィア  ハイボ/ムンフォ/手助け/守る@精霊プレート   ひかえめHCs
カポエラー  インファ/猫騙し/手助け/ワイガ@脱出ボタン   しんちょうHaD
スイクン   熱湯/追い風/雨乞い/眠る@ラムの実       おくびょうHS
ファイアロー ブレバ/フレドラ/燕返し/横取り@鉢巻      いじっぱりHA

いきなり妙なことをしすぎたということでver1をベースとしたPTに立ち返ることに。
ヘナチョコだったハッサムに代わり、有利な相手には本当に何もさせずに処理できるポケモンとしてファイアローを入れた。
一応フェアリーに対しても1回は受けだしでき、火力が高いので縛り性能も十分。
叩きに対しても横取り等との択を通せばなんとかならんでもない。
スイクンはドーブル警戒でラムの実を持たせ、スイクン・アローあたりでうまくドーブル入りは誤魔化せるようになった。
ランド・アローがまだ気になることと、減少傾向にある(気がする)とはいえサンダーの処理に手間取りがちなPTなので、その辺をどう誤魔化していくかが課題だろうか。
また、トリルを貼らせにくいPTではあるものの、もしトリルを貼られてしまった場合のケアが少しききづらかった。

特別編
m05.png635_4.png700.png237.png245.png642.png
ゲンガー   シャドボ/ヘド爆/挑発/守る@ゲンガナイト    おくびょうHcS
サザンドラ  流星群/悪波動/竜波動/熱風@眼鏡     ひかえめCS
ニンフィア  ハイボ/ムンフォ/手助け/守る@精霊プレート   ひかえめHCs
カポエラー  インファ/猫騙し/手助け/ワイガ@脱出ボタン   しんちょうHaD
スイクン   熱湯/追い風/雨乞い/眠る@ラムの実       おくびょうHS
化ボルトロス ワイボ/フリフォ/馬鹿力/はたき落とす@鉢巻   ようきAS

S12の過去産解禁により組んだPTなので特別編ということで。
PTが基本的に噴火ドランに対してもしっかり立ち回れるメンツが揃っているので、噴火ドランにはそこまで苦労しなかった。
鉢巻化身ボルトロスは、本来この枠に求めたい要素
・叩き耐性
・リザやガルーラを上からor先制技で叩ける
・ファイアローと霊獣ランドロスに弱くない
といった要素をしっかり持っており、しかもガルドやカメックスに打点が持て、サンダーとも互角以上にやり合える。
本当にこの枠にマッチしていた型と言えるだろう。
しかし同時に、このPTが相手の負けん気ボルトロスに致命的に弱いという自体が発生。
このシーズンではトリプルに殆ど潜ることなく終わってしまった…。


といった形で、僕の中でこのPTにはこんな歴史がありました。
振り返りのために書いている記事なので、ついでに主要ポケモンの配分もひと目でわかるようにしておきたいですね。
というわけで、ver3のメンツの配分を載せることにしました。

ゲンガー ふゆう NN:カテジナ
094.pngm05.png
[種族値]:60-65-60-130-75-110
おくびょう 157(172)-*-80-161(84)-95-178(252)
メガゲンガー かげふみ
[種族値]:60-65-80-170-95-130
おくびょう 157(172)-*-100-201(84)-115-200(252)
シャドボ/ヘドロ爆弾/挑発/守る@ゲンガナイト
【調整】
C
[メガ時]
手助けシャドボでH252D4振りメガサーナイト確1
手助けシャドボでH252振りクレセリア確2(80.1%~95.1%)
手助けシャドボでD特化ブルンゲル確2(76.3%~90.8%)
手助けヘド爆でH252振りニンフィア確1
手助けヘド爆でD特化フレフワン高乱数1(75%)(96.1%~113.4%)

HSベースメガゲンガー
構築の組み始め。
影踏みで相手の交換を縛りつつ、隙あらば味方のATと一緒に殴ります。
自身もスペックの高いポケモンなので攻撃・妨害両方こなせるのがとても強いですね。
配分はCの最低ラインとして、手助けシャドボでメガサナを、手助けヘド爆でニンフィアを一発にできる数値を確保しています。
あとはSを最速にして残りを全て耐久へ。
技構成は最強技守るとメインウェポンのシャドボ、ニンフィアに打てるヘド爆まで確定。
ラス枠は色々迷ったのですが、トリルを安易に貼らせなかったり、補助特化のポケモンを軒並み置物にできるので挑発を採用しました。

NNは『機動戦士Vガンダム』より、ヒロイン&ラスボスのカテジナ・ルースから。
ゲンガーといえばまぁすごく悪そうな顔してるわけですが、♀個体で悪そうな感じ→ガンダム界屈指の悪女として名高いカテジナさんにしました。
でも美人だから許しちゃう。仕方ないね。
最後はボロボロになって出て行った故郷に帰ることになるカテジナさん、富野監督はあまりに罪を重ねすぎた彼女には死よりも重いものを与えなければということで、ああいう結末にしたそうです。


サザンドラ ふゆう NN:ノワール
635_4.png
ひかえめ 167-*-110-194(252)-111(4)-150(252)
流星群/悪波動/竜波動/熱風@眼鏡
【調整】
CSぶっぱ

CSぶっぱ眼鏡サザンドラ
高火力悪波動で全方位の敵を黙らせるエースです。
以前ダブルの記事で紹介した個体ですね。
このPTはゲンガーの影踏みでロックしてもらえるので、サザンドラが物凄くイキイキと動きます。
地味にキザンの処理を任せられる貴重なポケモンという点もポイントですね。
下手にSを下げるとメガリザYに抜かれる可能性が高くなるので、配分はCSぶっぱです。
技構成も特に変わったものは無し、途中まで熱風+大地の力で運用していましたが、やはりこのPTでは竜波動が欲しくなったのでこちらを採用しました。
炎技が火炎放射ではなく熱風なのは、キザンがピッピやバレルと組んでいてもしっかり処理できるようにです。
持ち物はとにかく役割対象に最大火力を出せる眼鏡になります。

NNは『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER』より、連合軍のMSストライクノワールから。
詳細は過去記事にて。
http://micchi14226.blog.fc2.com/blog-entry-141.html


ニンフィア フェアリースキン NN:グリプス2
700.png
個体値:31-*-31-30-30-31(めざ地面)
ひかえめ 191(164)-*-86(4)-159(120)-150-108(220)
ハイボ/ムンフォ/手助け/守る@精霊プレート
【調整】
H
16n-1調整 天候・状態異常ダメ最小
C
プレートムンフォでH252振りカポエラー確1
プレートスキンハイボでH252振りカポ中乱数1(56.3%)(92.9%~110.8%)
D
ヒードランのC特化珠ラスカノ確定耐え(81.6%~97.9%)
S
無振りFCロトム+2
追い風下で準速スカーフ霊獣ランドロス抜き

HSベース精霊プレートニンフィア
有利対面から敵を爆殺するトリプル屈指の鬼畜ポケモンです。
サザンドラに眼鏡を渡したので今回は精霊プレートでの採用になりますが、火力が足りないということは殆どありませんでした。
むしろ小回りが効く分、眼鏡型とはまた違った動きができるのが面白かったですね。
配分はかなり高めのSラインを主軸に、火力と耐久のバランスをとった配分になっています。
Sを追い風込でランド抜きのライン、CをプレートムンフォでH振りカポ一発のラインとしています。
眼鏡ではないので一撃必殺という程の火力ではありませんが、耐久振りと高いSラインのお陰で非常に扱いやすいです。
技構成はハイボと拘っていないニンフィアの魅力である守るまで確定。
残りの枠はカポエラーを狙い撃ちできるムンフォと、火力不足の代わりゲンガーを補助できる手助けを搭載しました。
ゲンガーが手助けありきの調整になっているので、カポエラーの他にもう一枚手助けを入れているのが便利でしたね。

NNは『機動戦士Zガンダム』より、コロニーレーザーのグリプス2から。
アクシズの月落下阻止とティターンズ戦力の一掃のために使われた他、機動戦士ガンダムUCではラプラスの箱の秘密を知った者達を焼き払うべく運用されました。
大出力のコロニーレーザーの名に恥じない火力を持つ、トリプル屈指の厨ポケニンフィアにふさわしいNNだと思います。


カポエラー いかく NN:にんじゃ
237.png
しんちょう 157(252)-130(116)-115-*-162(140)-90
インファ/猫騙し/手助け/ワイガ@脱出ボタン
【調整】 
A
インファでH252振りメガバンギラス確1
インファで無振りサザンドラ高乱数1(81.3%)(97%~114.9%)
D
サザンドラのC特化眼鏡流星群確定耐え(84%~99.3%)

HDベース脱出ボタンカポエラー
い つ も の
以前滅びパの記事で紹介した個体の配分を微修正して運用していました。
ゲンガーのロックを最大限活かすためにも、スムーズな展開で有利対面を生み出せるコイツは必須ですね。
威嚇・猫騙しとPTに必要なものを補える、まさに†トリプル界の神†
配分はほぼ前記事と同じなのですが、Aをメガバンギ一発ラインより1だけ上げることで、サザンドラへの乱数が大きく変わるので修正しました。
Dラインはここまで確保すると、サザンドラの眼鏡流星群をぴったり耐えます。
技構成はインファと猫騙し、ATの補助ができる手助け、岩雪崩の一貫するPTをサポートするワイガと盤石のラインナップ。
範囲技主軸のPTでもないので今回はフェイントは不要と判断しました。
叩きパの対策はかなりコイツにぶん投げてるトコがあるので、扱い方は慎重に。
持ち物は素早く有利対面を生み出せる脱出ボタンです。

NNは『機動武闘伝Gガンダム』に登場するガンダムシュピーゲル(通称:忍者)から。
詳細は過去記事にて。
http://micchi14226.blog.fc2.com/blog-entry-138.html


スイクン プレッシャー NN:スメラギ
245.png
個体値:28-0~3-31-31-31-31
おくびょう 205(248)-*-135-111(4)-136(4)-150(252)
熱湯/こご風/追い風/雨乞い@ラムの実
【調整】
C
熱湯で無振りファイアロー確2(74.5%~87.5%)
熱湯でH4振り霊獣ランドロス確2(61.8%~73.9%)

HSベースラムの実スイクン
ランドロスに強い追い風要員として採用しました。
以前シングルの記事で紹介した個体ですね。
優秀な補助技を多く持ち、耐久も安定しているので追い風展開を作りやすいのが魅力です。
個人的に、複数ルールにおけるスイクンの性能については今まで懐疑的だったのですが、このPTを組んで評価を改めることになりました。
恐らくゲンガー入りにおいて、サザンドラの次に活躍したポケモンです。
配分は臆病個体しか持っていないので、臆病が一番活きるようほぼHSぶっぱの配分で採用しました。
技構成は熱湯+追い風の2つが確定。
ゲンガー入りはリザが重くなるというPT事情を考慮して、雨乞いを採用しました。
臆病個体なので大半のメガリザYの上から(コイツより早いリザにはまだ一度も出会っていません)手動雨を降らせることができ、雨状態にしてゲンガーでキャッチしてしまえば、元々キツめのリザ入りに対しても難なく対処できます。
ラス枠は冷凍B、瞑想、眠る、バークアウト、リフレク、先送り等色々試してみましたが、最終的に
・ゲンガーの影踏みによる縛りとの相性がいい
・ランドロスへの高い打点であり、この指等で吸われない(単体攻撃としては一致の熱湯も中々の打点になる)
・挑発を打たれてもS操作ができる
等の点を考慮して、こご風に落ち着きました。
持ち物はS操作要員に持たせるだけで多少のドーブル耐性がつくラムの実を採用することに。
臆病であるため耐久が足りず、当初はオボンの実等耐久補強のアイテムを使っていたのですが、先述の試行錯誤している途中で、ドーブル入りに3連続でボコられたのでこの持ち物一択です。

NNは『機動戦士ガンダムOO』に登場するソレスタル・ビーイングの戦術予報士、スメラギ・李・ノイエガより。
詳細は過去記事にて。
http://micchi14226.blog.fc2.com/blog-entry-131.html


ファイアロー はやてのつばさ NN:メイリン
663.png
いじっぱり 185(252)-146(252)-91-*-89-147(4)
ブレバ/フレドラ/燕返し/横取り@鉢巻
【調整】
HAぶっぱ

HAぶっぱ鉢巻ファイアロー
ハッサムに代わって入ってきた、有利対面を取るとほぼ確実に仕事ができるポケモンです。
最後の掃除、ドーブル狩りや叩きの誤魔化し、トリルを貼られた後も高火力ブレバで多少誤魔化しがききます。
配分は受けだしも想定してHAぶっぱ、火力重視で性格は意地っ張りになっています。
一応フェアリー耐性もあるので、ある程度は耐性受け可能です。
技構成はブレバとフレドラが確定。
正直残りは何でもいいですが、相手の展開妨害に横取りは欲しかったので採用、ラス枠は特に案が浮かばなかったので、必中で反動もないし一応燕返しを入れときました。
持ち物は縛り性能を極限まで高める鉢巻です。


あくまでまとめであり、今後も煮詰めていくので、コンセプト云々や立ち回り等はとりあえずナシで。

さて、今後このPTをどうしようかねって話なんですが、まず変更しようと思っている点を挙げると
・ゲンガーの技構成
挑発はトリルを考えると使う機会が多かったのですが、PTがトリルを貼られた後にもしっかり切り返しor凌げるPTであれば、
この挑発の枠は他の技に変えてもいいなと思っています。
ver2ではこちらもトリルを貼っていたのでよりいっそうそういう考えになりましたね。
バレルとかを縛りつつ置物にできるのは確かに強いのですが…。
技候補としてはガルーラに殴らず打てる鬼火、不意打ちマンや拘りポケモンを止められる金縛り、交換制限からのS操作が強力なこご風、残せばトリル下でも突っ張れる身代わり等も候補かと思います。
ゲンガー自身も今の配分だけでなく、Sラインを削った個体等も採用してみたいです。

・ゲンガーの型変更によって求められる取り巻きの変化
ゲンガーの型次第では取り巻きを大きく変えることも視野に入れていきます。
例えばヒードラン。
リザやアローに厚くでき、ver2で一度採用して感触としてはまぁまぁでした。
今度はトリルではなくしっかり追い風に組み込むとすると、ゲンガーに鬼火を仕込めば不意打ちスカしと火力UPを両立できるかもしれません。
フェアリーに圧倒的に強いポケモンを2枚採用することで安定感が増す他、ゲンガーがフェアリーへの打点面をある程度補えるので、ヒードランに必ずしもラスカノを採用する必要がなくなるかも?
例えばトゲキッス。
ニンフィアとアローの枠を圧縮する形になるので、新たなポケモンを投入することが可能になります。
対角に打てるエアスラは勿論、この指により叩きを誤魔化したり、神秘や追い風等の選択肢もあるのでスイクン枠をATにすることも視野に入ります。
…まぁこれはほんの一例ですが、試してみたい連中は他にも大勢いますね。

・既存のポケモンの型変更
環境の変化によって求められるポケモン達も少しづつ変化しています。
それは既存のポケモン達にも言えることで、このまま続投させようと思っているポケモン達も、微調整はやはり必要なようです。
バンドリマンダの影響でボーマンダ対策にサザンの持ち物を眼鏡→スカーフにしたほうがいいかもしれない?とか、準速AS鉢巻バンギを意識してカポエラーのSラインを伸ばしてみるか?とか。
修正すべき点はいくつかあるかと思っています。


とりあえず総合的に見て、基本として抑えるべき点と環境の変化に応じて組み込みたい要素は違うので難しいところ。
基本として抑えるべき点は…
・リザY入り晴れに対しての対処
・叩きに対する対処
・ドーブルぶっ殺すマン
・トリル…はある程度貼らせない立ち回りが可能なので、貼られた場合の切り返しを多少


あとはPTの取り巻きと環境に応じて、マンダへ少し厚めにしたり…雨滅びに対して厚くしたり…といった微調整をしていければと思います。


自分メモとしては中々にまとまったので、これを元に新たなゲンガー入りを組んでいく予定です。
ついでにもし皆さんの構築を組む際の手助けにもなれば…とてもうれしいですね。
(基本はアンニュイさんの構築を元に勉強した方が…いいとは思いますけど…。)


そんなこんなで、相変わらずマイペースのブログではありますが。
本年もどうぞよろしくお願いします。








そんじゃまた
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://micchi14226.blog.fc2.com/tb.php/149-fb40de52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。