FC2ブログ

ミッチーの日常風景

『ガブリアスとは民衆に祀り上げられた伝説のポケモンである』 ポケモンのこととか書きます。 更新頻度は月一以上を目標に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホウオウ大好き禁止伝説ダブルの民

どうもミッチーです。

考察記事になります。
昨シーズン(S14)のスペシャルレート、禁止伝説入りのダブル。WCS2016ルールについて。
今シーズンでも続投が決まり、世界大会のルールとして今一番熱いルールと言えるでしょう。

僕は昨シーズン、「禁伝ダブルやるぞ~!!」と意気込んでPTをじっくり考察・構築し、レートに潜っていたのですが、
諸事情により序盤で1600ちょいにしたところで急遽撤退…その後はちょくちょく触りながらも、結局そのままシーズンを終える結果になってしまいました。
非常に残念でしたが…まぁ仕方ない…。
今シーズンこそはと思い、決意を込めて改めて今考察し直しているところです。


さて僕は禁止伝説ルールだと必ず使う相棒がいます。
250_0.gif
【ホウオウ】ですね。
子供の頃、ポケモン赤で遊んでいた日々、新作の発表ということでパッケージのホウオウの神々しさに心奪われた方は、僕らへんの世代決して少なくないハズ。僕もその一人なのです。
禁止伝説ダブルやるし、ホウオウ捕まえるか~とポケモン起動したら…アルファサファイアでホウオウ出ねえ!!となって打ちひしがれていました。
…が、後輩のuno君が「あ、いいっすよ。」ということで、なんと自身のROMからホウオウを提供してくれることに!
しかも神個体値です…31-31-28-*-31-31…ナンテコッタイ!!
ありがとう…本当にありがとうございました!!
僕…禁止伝説ルールやる!ってなった時大体後輩から禁止伝説もらってる気がする…。
しかし先程の通り諸事情で途中撤退してしまったので、なんとか今シーズンこそは…!と思っています。

そんなホウオウ君を活かすべく考察を始めたのですが(S14初期)、ホウオウ君を取り巻く伝説事情を整理しました。
S14初期の話を前提としてまず話します。
[STRONG]
・終わりの大地&デルタストリームという、大流行のトップメタがもつ天候の恩恵を両方得ることができる。
・禁止伝説4強の一角、ゼルネアスに対して数値・耐性共に非常に優れており、かなりの有利。
・(最近は少ないみたいですが)特殊グラードン+ゼルネアスの並びに対して、単体で圧倒的な圧力になる。
・ナットレイ、モロバレル、クチート、ギルガルド…といったGSにいそうな面々に強い。
[WEAK]
・4世代から続く因縁の相手、カイオーガにガン不利。
・デルタストリームの恩恵こそあれど、基本的にメガレックウザには不利。
・物理グラードンには当然岩雪崩でボコボコ。以前と違い火傷ワンチャンを狙うこともできなくなり、こちらのウェポンは通らない。
・流行りのメガ枠であるメガガルーラ・メガボーマンダあたりに弱い。

総合的に見ると…
・妖精半減でクチートやギルガルドに強い炎枠 → ゲンシグラードンでおk。
そもそもゲンシグラードンってポケモンは、ホウオウグラードンでやってた強力な動きを今一人で出来る。

・通りのいい高火力飛行打点を活かした汎用AT → 大体メガレックウザでおk。
勿論多少の違いはあれど、火力・素早さ・先制技等による対応範囲すべてあちらが上。
ついでに強力な天候操作ができ、上からの高打点でガルーラ・オーガ・ゼルネアスにも隙を見せない。

・追い風による味方補助をしながらのセミアタッカー → かなり現実的。ライバルはイベルタルになるか。
こちらにはフェアリー耐性や確かな耐久があるため、差別要素には困らない。
ただし、高いS種族値・優秀な技はたき落とす・伝説戦で扱いやすい&一致により相当な高火力のイカサマ・こちらの差別要素である特殊耐久を補えて削りに十分な火力も出るバクア…そしてこれらが強化されて味方の補助にもなる特性…等、補助特化だとイベルの方が単体性能を損なわず幅広い相手に対応できるので、そこをどう考えるかが課題。

・やっぱり僕は…王道を征く…残飯みがまもですかね。 → これを一旦採用。
有利不利がハッキリしているポケモンなのでみがまもは非常に便利。
今ルールにおいても抜群の強さを発揮できそう。
ただ軒並み禁止伝説のS競争が激しく、身代わりを貼れるか否かは常に他のポケモンのSラインを利用して確認していて、凄く神経すり減る。
また対戦ルールが15分しかなくTODが狙いやすいルールなため、せっかくホウオウで身代わりを残しても取り巻きを処理されてTODで負けるケースは少なくないかも。

・得意な相手の減少と苦手な相手の増加 → 地味にこれが一番痛い。
今までホウオウがカモっていた連中である、ノオーツー(サイコブレイクでやや怪しかったが)・ノオーキュレム・ナットレイ・クチート等の個体数がやや減少傾向にある。
逆に苦手なオーガ・レックの増加、メガガルーラ・メガボーマンダの台頭により仮想敵がそいつらと組んでいると自由にうごけない。

…など、
僕のS14初期の考察としては、禁止伝説唯一のフェアリー耐性持ちとして注目されたXYから一転…ORASになってやや立場が怪しくなった印象がありました。
とは言いつつもやはり禁止伝説ポケモン、刺さる時は鋭い刺さりを見せるので、どう活かすかはトレーナー次第だろうと考えて考察を継続。
ホウオウが最大限活きるような構築を目指してPTを組みました。
ホウオウを必要としてくれる禁止伝説の相方として、
・クチート・ガルド・ナットあたりの一般ポケモンに困っている
・動きさえすれば相手の禁止伝説とも渡り合える

という要素を満たせるゲンシカイオーガを相方に!
こんな感じ。
250.pngm42.png488.pngm18.pngm06.png642.png
詳細は違えども、4世代GSから続くオーガホウオウ…非常に美しい並びとなりましたね。

で、オーガホウオウで戦ってみて、実際のところ手応えは十分でした。
特に初期はメガレックウザの個体数がそこまで多くなく(レックのコストが非常に重いので、考察が固まるのに皆さん時間がかかった様子)、ゲンシグラードンも特殊ばかり…オーガミラーが想像以上に多かったのはキツかったですが、オーガの上からみがまもでしぶとく生き残りつつ殴ったり…総じてホウオウ君は頑張ってくれました。
結構勝率も良かったので、「これいけるんじゃね??」と早くも調子にのっていくスタイル。

そして諸事情により潜らなくなって、
シーズン終盤…ふとスペレを覗いてみると…全 く 勝 て な い 。
S15になり、今期こそ!と思って少し潜ってみたものの…全 く 勝 て な い 。

何かがおかしいぞ…(当たり前だけど)僕の知ってるスペレじゃなくなってる…ということで、
S14終期~S15・今後編の考察をします。
先程挙げた要素に新たに追加されるモノとしては、
[STRONG] NEW!!
・ナットレイ・モロバレルの復権。
・メガゲンガーの流行。
・ゼルネアスの更なる増加。
[WEAK] NEW!!
・メガレックウザ君大量発生。
・グラードン君の岩技増加。
・仮想敵のクチート減少&ガルマンダの増加は(止まるなんて思ってないが)止まらず。

特に気になったのが、メガレックウザに関してとゲンガーに関して。
・メガレックウザの増加
マッチングの問題だけではない程度にメガレックウザに当たらなかった初期と違い、ガンガンマッチングする。
環境の変異の中でじわじわと勢力を拡大、元々スペックは非常に高かったので一気に数を増やした印象。いや勿論KP的にもいたハズなんだけど、特に強力なメガレックウザ入りの構築が増えた。
メガ+禁止伝説の枠を一気に埋めてしまうコストの重さにより、PTの考察が困難を極めたのが初期に数の少なかった原因と思うのだが、ドーブルをはじめとするメガレックウザの取り巻きがジワジワと揃い始めてからか、手強いメガレックウザ入りの構築をよく見るようになっている。ていうかホントよく当たる。
ウチのPT自体がメガレックウザ重め(ホウオウ+カイオーガ)なのもあって、これは大きな痛手となった。

・メガゲンガーの流行
これも大きな違いと言える。
S14初期の頃も一定数はいたものの、今に比べると遥かに少なかったポケモン。
禁止伝説を軒並み抜き去るS130、影踏みによるロック、Wキュレムと同等のCから放たれる十分な火力の技、レパルダス等との嘘泣きギミック、エルゲンによるハメ、滅び展開…等やってくることも構築により様々でそのどれもが強力。
最初期は正直存在を忘れていたレベルだったが、今となっては無対策など許されない非常にメジャーなポケモンとなっている。

こんな感じ。
メガレックウザ増加はかなり痛いです。
別にKPは元から高めではあったんですが、当たってみると(構築的にキツいとはいえ)ボコボコにされた印象はありませんでした。
元々不利な相手なので、まぁ…ちゃんと戦えていると思っていたのですが…ここの所メガレックウザ入りに勝った記憶がない…。
高いSと確かな火力で上からの縛りがもの凄いことになっており、守るを挟みながら強引に択を通してもやっとこさ倒したころにはボロボロ…という展開は珍しくなく、このまま戦い続けるのは厳しいと判断しました。
一旦自分の頭を整理しようと思い、丁度広告出そうだったのもあって記事を書くに至ったわけです。

メガゲンガーの増加については、単純な殴り合いであれば多少のギミックを絡められてもホウオウが負けることはありません。
ボルトの怖さもあってかあまりゲンガーは出てこなかった印象があります。
勿論一部ハメ系統だとキツかったりするのですが、他のポケモンよりは遥かに立ち回りやすいんじゃないかなと。

グラードンの岩技は恐らくアロー・マンダ狙いの採用と考えていて、ホウオウはついでに食らってる感があります()
耐久調整はしていますが、もうある程度祈るしかない感はありますね…。

クチートの減少についてですが…やはりこのルールはガルマンダが強く、貴重なメガ枠を鋼タイプ(=グラードンから1キルされる可能性がある)に割く気にならないのでしょう。
また、クチートとマンダは見れる範囲がやや似ており、同じ威嚇枠というのもあってマンダが優先されやすいのではないでしょうか。
禁止伝説がとにかく強力なので、メガ枠には禁止伝説の補助をさせるのがこのルールの基本です。
そんな中で、禁止伝説でもないのに味方の補助をうけないと動かしづらい&禁止伝説の補助ができるわけではなく、XYと違ってメジャーな禁止伝説にぶっ刺さるというわけでもないので、クチートの個体数が少ないというのはあるでしょう。
勿論うちのPTの場合単純にクチートが出しづらいのはあるでしょうが()
どうしても守るをすることが多いポケモンなので、メガゲンガーのギミック系にあっさり潰されやすいのも、厳しいのかな?という印象です。

いや~しかし…。
<<ホウオウ君キツすぎるのでは???>>
これが言いたかった。
こんだけ長々と書いててあれですが、まぁそれだけです。

ホウオウ軸を変える気はないので、一応プランとしては、
①ホウオウ+ゼルネアスへの挑戦
両刀とも物理がやや薄いためメガガルーラ・ゲンシグラードンがキツく、一見相性が悪そうに見える並びですが…かなり可能性を感じています。
なんといってもゼルネアスがカイオーガに圧倒的な強さを誇っているのが魅力です。ジオコンを積めばメガレックウザにも対処できます。
ゼルネアスとホウオウの攻撃範囲の補完が良く、攻撃面において優れた並びであり、ホウオウの高いD+ゼルネのジオコンにより特殊方面での突破は困難…物理での突破はホウオウの聖なる炎による火傷が厄介…とシナジーを感じさせますね。
ゼルネグラードンとの違いとしては、火傷のバラ撒きによるゼルネの補助・ホウオウが浮いていることにより地面の一貫を切りやすい・ゼルネアスがジオコンにより注目を浴びやすいのでホウオウが暗躍しやすい…等が挙げられます。
取り巻きに威嚇持ちを多く仕込んだりと工夫すれば頑張れそうな気がする並びです。

②ホウオウの型を変えてオーガホウオウ続投
ホウオウをアタッカーもできるS操作要員として運用することで、よりオーガを通す動きにシフトしていきます。
2匹のシナジーは素晴らしく、実際に運用した並びなのもあって扱いやすいでしょう。
それファイアローでよくね??と言われそうなのであまりやりたくなかったのですが…流石に数値が違いすぎるので別物ですし、メガ進化ポケモンをATにする余裕が生まれるので、この枠を再検討しても良さそうですね。
ただし、オーガと並べる以上ホウオウの攻撃範囲が狭まっていることが凄く気になります…。

③グラードンホウオウ、再び!
古のグラードンホウオウを今こそ使う時がきた!
実際アリだと思いますし、シナジーの良さに関しては言うまでもありません。
今となっては天敵カイオーガすら上手に扱えば屠ることができるので、今まで以上に安定した並びと言えるでしょう。
ただ先程述べた通り、正直攻撃範囲・耐性共にグラードンはもうホウオウの力を借りる必要が無いのも事実。
この辺の現実とどう向き合うかが一番の課題でしょうか。
追い風ホウオウを使うのであれば、耐久に大きく割いても天候のおかげで火力を補強できるので、恐らくグラードンと組ませたこちらのプランの方がいいと思います。

④巷で噂のホウオウレック!
世界大会でも有名(?)な並び。
ホウオウの弱点を打ち消せるのも強いですが、メガレックウザが禁止伝説怠慢に異常なまでに強く、ホウオウが一般ポケモンに対してかなり強め…と互いの役割がハッキリしており、苦手な相手を補い合える点が非常に強力です。
とにかく課題は構築力
メガレックウザ入りはただでさえ構築難易度が高いのですが、そこに一癖も二癖もあるホウオウというポケモンを組み込むことで、PTの組みづらさはトップクラスにまで跳ね上がります。
そして組んでみても、メガレックウザの脆さ・ホウオウの極端な相性によってプレイヤー的に振り回される可能性大…。
チャレンジしてみたい気持ちもありますが、同時に僕程度のプレイヤーに使いこなせる気もしません…。

⑤まさかの4強無しでホウオウ入り構築
あまり現実的ではないというのが正直な感想です。
このルールは、完全にゲンシグラ・ゲンシオーガ・ゼルネ・メガレックの4強から最低1体+禁止伝説もう1体で構成するゲームになっています。
4強のパワーバランスは中々面白いものがありますが、逆に言えばそれ以外の禁止伝説は正直大きくランクを落としてしまう程度には単体性能に差があるわけです。
それでも採用するのであれば、やはりそれ相当の性能orシナジーが求められるわけですが…。
元々ホウオウ自体がメタ色の強いポケモンであるため、他のポケモンに比べると比較的まだ4強無しも選択肢に入ってくるとは思います。厳しいけど。
候補としては、
・自由に動かせばゲンシ勢にも引けをとらないミュウツー(ちなみにバトルレジェンドはミュウツーホウオウでした)
・互いに苦手な相手をカバーできる上、共にメタ色の強いポケモンであるパルキア
のほぼ2択でしょうか。
ミュウツーに関しては選択肢も多いですし、そこそこ可能性は感じます。
ホウオウと並んで好きな伝説であるため、個人的に大好きな禁止伝説が2枚並ぶというのは(童心に返って)やはり感慨深いモノがありますね。
興味はあります。組めるかはわかりませんが…。


以上、なんとなく色々ごちゃごちゃしていた頭の中を、記事を書きながら整理していたミッチーでした。
構築記事じゃなくて雑記ですけど。
まぁ生存報告も兼ねて。
皆さんもこれから新シーズン、ともに頑張っていきましょう。アドバイス等あれば是非コメント・Twitter等で絡んでください。
特に「俺もホウオウ使いだぜ兄弟ィ!」って人は是非是非。
フレ戦もお待ちしております。


そんじゃまた



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://micchi14226.blog.fc2.com/tb.php/153-cd96a51a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。