ミッチーの日常風景

『ガブリアスとは民衆に祀り上げられた伝説のポケモンである』 ポケモンのこととか書きます。 更新頻度は月一以上を目標に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GSダブル】共闘グラパル【INCで友人と共闘構築】

どうもミッチーです。

新年度も始まりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
僕はというと今年からようやく社会人、日々社会の厳しさに苦悩しております…。
ゴミクズだと思っていた自分の価値も、社会的にはまだまだ捨てたもんじゃないと認識できたので、今後少しは意識高い系男子として頑張りたいところです。

毎日朝早く出社するハメになっているので、夜も必然的にすぐ寝ることに…。
正直艦これもポケモンも中々触る時間がなく、フラストレーションが貯まる一方ですね…。
たまにやりに行くガンダムのマキブONが癒やしになってます()


さてさて、少し前の話になってしまうのですが、インターネット大会でのお話。
大学生活最後の春休みに、「2016 インターナショナルチャレンジ March」に参加しておりました。
禁止伝説ポケモンを2匹までPTに採用できるダブルバトルの大会です。
昔に比べてルール変更はそれなりにあっていますが、禁止伝説ダブルというと4世代の大会から「GSルール」という俗称でよく言われていますね。
今の感じだと「6世代GS」とでも言えばいいんでしょうか?
前期・今期はスペシャルレートで禁止伝説ダブルが行われているのもあってか、とても盛り上がっていたようです。
世界大会の予選も近いですし、ポケモンの新作も発表されましたから、ORASの集大成として皆さんも是非禁止伝説ダブルにチャレンジしてみてください。

というわけで、INC2016に参加していたので、一応使用構築を公開しておこうと思います。
しっかり運用した構築記事は久しぶりな気がしますね…。
僕は普段禁止伝説入りのルールではホウオウを主軸にした構築で戦うのですが、今回は、第4世代でGSルールをやっていた友人のしるべ君と、泊まりで遊ぶ時期が大会期間と被っていたので、せっかくの機会だということで共同でPTを構築、そのまま僕のROMでプレイヤーを入れ替えたりしながら、大会に参加しようということになりました。
…という事情があって、今回はホウオウ軸ではなく別の禁止伝説を使ってみようということに。

それではPTは以下の6匹になります。
ダウンロード
パルキア 流星群/亜空切断/ドロポン/雷@眼鏡
グラードン 断崖の剣/岩雪崩/炎P/守る@紅色の玉
クロバット 怒りの前歯/追い風/黒い霧/挑発@ラムの実
ボーマンダ ハイボ/流星群/捨て身/守る@ボーマンダナイト
ガルーラ 捨て身/グロパン/不意打ち/猫騙し@ガルーラナイト
ギルガルド シャドボ/アイヘ/ワイガ/王盾@襷

今回はしるべ君イチオシの禁止伝説ということでパルキア主軸になります。
本人曰く、「グラオーガに異常な刺さりを見せるパルキアと最強ポケのグラードンを組ませるのが強い」とのことです。
あとパルキアを採用したら4世代GS勢オーラ出るしさ。
今現在ではディアルガやパルキアもそれなりの数がいますが、INC2016では中々見かけなかったのでやはりよく考えてるなと思いました。
実際ディアパル(特にディアルガ)が増えたのはINC2016辺りからだと思いますし、この考察は正しかったのでしょう。
主軸のパルキア+グラードン、対策必須のドーブルのためにクロバットを採用し、同じく構築でキツめのメガレック対策にメガマンダを入れました。
補完としては、最強の猫騙しポケモンであるメガガルーラ、メガレックウザ・メガクチートあたりをケアできるギルガルドを採用しています。

以下、個別考察になります。
ちなみに今回は貰い物個体が多いです()


パルキア プレッシャー ※禁止伝説によりNNなし
484.png
個体値:29-*-31-31-31-31 C31 D31 S31
[種族値]:90-120-100-150-120-100 
おくびょう 165(4)-*-120-202(252)-140-167(252)
流星群/亜空切断/ドロポン/雷@眼鏡
【調整】
CSぶっぱ

※参考までに (全て眼鏡で計算)
流星群でH252振りゲンシグラードン乱数下から2つ切って一発(87.5%)(97.5%~114.9%)
流星群でH252振りディアルガ低乱数1(37.5%)(89.8%~105.7%)
亜空切断で無振りゲンシグラードン低乱数1(31.3%)(89.1%~105.1%)
亜空切断でH252振りゲンシカイオーガ中乱数2(62.5%)(46.3%~55%)
雷でH252振りゲンシカイオーガ確2(67.6%~80.1%)

CSぶっぱ眼鏡パルキア
構築の組み始め①
友人のアンコクキシ君からの貰い物個体。
禁止伝説ポケモンの激戦区90族を抜き去り、炎・水1/4の耐性を誇るシンオウ地方の伝説ポケモン。
優秀な耐性と高い火力のお陰で非常に扱いやすく、1回の行動で生み出せるリターンが大きいのが特徴。
ガルーラの猫騙しやクロバットの追い風から行動回数を稼いでいく、ダブルバトル王道の立ち回りが非常に強力だった。
動かし方が単純で、苦手な相手がハッキリしているのでとても扱いやすい。
配分は思考停止でCSぶっぱ。
他に必要なものもないでしょうし、変にいじって確定数がズレるほうがよくない。
特性は相手のSラインをある程度把握できるプレッシャーが強力。
技構成は恐らくこの4つで確定でいいんじゃないかな?
グラードンを1キルできる流星群、高命中・高火力で拘りやすく急所に当たりやすいのでたまに流星群以上の火力が出る専用技の亜空切断、等倍範囲が広くオーガの天候を利用したりもできる一致技のドロポン、対カイオーガを担う技である雷…というラインナップ。
どの技も打ったので腐っているものは無いと思う。強いて言えば、グラードンと組ませているのもあってドロポンはやや打ちづらかった印象。
持ち物は火力重視の眼鏡。
単純にS100のラインから高火力を押しつけるのが強かったり、グラと組んでいるので相手がトリル軸をミスリードしたり…等、眼鏡の良さはかなり出たのでは。


グラードン ひでり ※禁伝につきNNなし
m43.png
[種族値]:100-150-140-100-90-90
個体値:29-31-31-3-28-31
いじっぱり 175(4)-222(252)-160-*-109-142(252)
ゲンシグラードン おわりのだいち
[種族値]:100-180-160-150-90-90
いじっぱり 175(4)-255(252)-180-*-109-142(252)
断崖の剣/岩雪崩/炎P/守る@紅色の玉
【調整】
ASぶっぱ

ASぶっぱゲンシグラードン
構築の組み始め②
友人の鳳雛君からの貰い物個体。
言わずと知れた6世代GSのチャンピオン
高い数値と火力・天候操作・優秀な耐性…ポケモン界の頂点に立つのに相応しい単体性能をもつポケモン。
多発するミラーをパルキアにある程度頼れるので、こちらはこのポケモンの単体性能を最大限発揮できる物理型での採用。
パルキアとの縦・横の補完にも優れるので、このPTは禁止伝説2枚が並んだ時の爆発力が非常に高い。
基本は後発に控え、パルキアが不利な相手に遭遇した場合の対応や、パルキアが暴れた後の詰めとして使う。
配分はゲンシグラードンの場合色々選択肢があると思うが、思考停止でASぶっぱ。
基本的にパルキアのお陰でミラーはそこまで気にしないで良く、追い風との相性も考えてと自然とASになった。
耐久がそこまで信用できなかったのは事実だが、別に殴り勝つPTなのでそこまで気にならなかったり。
技構成は一致技で扱いやすい断崖の剣+縛り解除のための守る+断崖との補完に優れる岩雪崩まで確定。
ラス枠は色々と選択肢のあるポケモンだが、命中不安技ばかり&ガルド・ナットへの打点が欲しいということで炎Pを採用。
晴れ+一致のお陰で火力もそれなりに出るので、打つ場面も少なくなかった。


クロバット せいしんりょく NN:エグザス
169.png
ようき 191(244)-110-100-*-102(12)-200(252)
怒りの前歯/追い風/黒い霧/挑発@ラムの実
【調整】
ほぼHSぶっぱ

HSベースラムの実クロバット
GS最大の害悪ポケモンドーブルに対して、かなり仕事がしやすいポケモン。
精神力により猫騙し無効、高いSから追い風や怒りの前歯で仕事を行いやすく、挑発を食らっても怒りの前歯で腐らない。
ゼルネアスに耐性を持てる点も素晴らしく、総じて扱いやすいポケモンだった。
こいつの追い風から展開していくのが基本
配分はほぼHSぶっぱ、特に調整先がいるわけでもなし、耐久とSがあればどうでもよかった。
技構成はコンセプトの一つである追い風+厄介な補助技をストップさせる挑発+挑発を食らっても動ける削り技の前歯が確定。
ラス枠は無難にブレバorトリルメタのための吹き飛ばしでも入れるかと思ったのだが、追い風展開に対して強く出てくるゼルネアスを黙らせたり、パルキアの流星群やグラに入れられた威嚇を解除できる黒い霧を試験的に採用。
実際には追い風して前歯と霧を打ってればいい…というくらい便利で、とても強力だったので採用して正解だった。
持ち物はダクホ耐性をつけるためのラムの実。
S操作役がラムの実を持つことでドーブル対策がかなり安定するというのは、トリプル勢ならもう誰でも知っている常識。

NNは『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』でネオ・ロアノークが搭乗するMA:エグザスから。
メビウス・ゼロの後継機で、まぁこの辺りから前作SEEDを見ていた人はニヤリとしていたかもしれませんね。
活躍の機会自体はあんまり無かったんですが、スマートなフォルムもあって結構地味に人気な機体なんじゃないかなと思っています。
5世代の頃トリプルで使っていたクロバットのNNを襲名しているのですが、素早い&紫のカラーということで、クロバットにはピッタリのNNじゃないかなと。


ボーマンダ いかく NN:なし
m38.png
[種族値]:95-135-80-110-90-100
むじゃき 171(4)-155-100-162(252)-90-167(252)
メガボーマンダ スカイスキン
[種族値]:95-145-130-120-90-120
むじゃき 171(4)-165-150-172(252)-99-189(252)
流星群/ハイボ/捨て身タックル/守る@ボーマンダナイト
【調整】
CSぶっぱ

※参考までに (スカイスキン込みで計算)
A
捨て身タックルでH252B164振り(H207-B131:メガレックのガリョウ→神速耐え)ゲンシカイオーガ確2(53.6%~63.7%)
C
ハイボでH252振りゲンシグラードン[Wダメ込み]確3(36.7%~43.9%)
流星群でH4振りメガレックウザ確1
流星群でH252振りゲンシグラードン確2(55.5%~65.7%)

CSぶっぱメガボーマンダ
後輩のアニリン君からの貰い物6V個体。
ここまで追い風を吹かせていない状況でのメガレックウザが非常にキツいので、対メガレック最強クラスであるこのポケモンを採用。
メガ前の威嚇も非常に便利であり、竜でありながら相手のゼルネアスに対して高打点を入れることもできる。
配分は色々と考えたが大人しくCSぶっぱ。
捨て身の威力を重視するかハイボ・流星群の威力を重視するかで配分は変わると思うが、PTがコイツに求めるのはレックの処理・グラへの削り等なので、特殊の火力を重視している。
技構成は必要な技をかき集めた感じ。
主力でありグラレックにガンガン打っていく流星群、範囲が広く削りを入れやすいハイボ、ゼルネオーガに刺さる捨て身、縛り解除のために守る
追い風が欲しい気もしたが、捨て身の扱いやすさから切れなかった。守るを切るのも選択肢なのだろうか?


ガルーラ せいしんりょく NN:なし
m06.png
[種族値]:105-95-80-40-80-90 
ようき 181(4)-147(252)-100-*-100-156(252)
メガガルーラ おやこあい
[種族値]:105-125-100-60-100-100
ようき 181(4)-177(252)-120-*-120-167(252)
捨て身タックル/グロパン/不意打ち/猫騙し@ガルーラナイト
【調整】
ASぶっぱ

ASぶっぱメガガルーラ
後輩のアニリン君からの貰い物個体。
相変わらずのダブル最強ポケモン、禁止伝説の中に混じってもその強さは健在。
優秀な猫騙しからパルキア・グラードンの行動回数を稼ぐことで試合を有利に進めていく。
配分は猫騙し持ちとしての性能を重視して陽気ASぶっぱ。
技構成は味方の行動回数を稼ぐ猫騙し+一致技で一貫性に長けた捨て身タックルまで確定。
死に損ないの処理に便利で、伝説連中の上を取ってくる相手に刺せる不意打ちを採用。
ラス枠は順当にけたぐりでもいいかと思ったが、別段ディアルガ・ナットレイあたりの処理に困るPTではないので、隙を見て突破力を上げることができるグロパンを入れるこに。
実際別にあってもなくても大差無かったので、重めのマンダ意識で冷凍Pあたりも面白かったかもしれない。


ギルガルド バトルスイッチ NN:ヴァジュラ
681.png
個体値:31-10-31-31-31-0
れいせい (盾):167(252)-60-170-112(252)-171(4)-58 (剣):167(252)-160-70-222(252)-71(4)-58
シャドボ/アイヘ/ワイガ/王盾@襷
【調整】
HCぶっぱ

HCぶっぱ最遅襷ギルガルド
この枠は補完枠であり、正直何でも良よかったが、メガレックの処理√を増やしたかったのでギルガルドを採用。
ガリョウ・流星群が半減、神速無効の耐性が光る。
ゼルネアスにも強く、ワイガでオーガの舐めた潮吹き・根源を許さないのは非常に魅力的。
配分は思考停止HCぶっぱ。
アイヘの威力がそれなりに出るようになるし、襷もあるのでACかな~とも思ったのだが、襷はあくまでオマケ程度であり、ガンガン後出ししていくのでやはりH振りは欲しかった。
実際耐久があって助かった試合は多かったので、この判断は正解だったと思う。
技構成は一致技のシャドボ・このポケモンの強力な択の一つであるワイガ・ジオコンゼルネ意識の鋼技としてアイヘまで確定。
ラス枠は無難に王盾にしたものの、役に立った場面も少なかったので、大体のガルーラを詰められるように毒々を採用するのもアリかもしれない。
持ち物はオバヒ採用型のレックとの戦いを考慮して襷を持たせた。

NNは『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より、ヴァジュラビームサーベルから。
種運命で最初にZAFTの基地から強奪される、セカンドステージシリーズのMSに搭載されているビームサーベルの名称です。
カオス・アビス・ガイアの3体とシン達との戦いは、種運命の序盤をしっかり盛り上げてくれました。(まだシン君主人公だった。)
ギルガルドのNNは剣から大体とっているので、この個体もその例に漏れず…といった形です。


【コンセプト】
コンセプトは、「追い風展開から、グラカイに刺さるパルキア+ゲングラで殴り勝つPT」です。
しるべ君の意見としては、GSルール=多少のタイプ相性・有利不利を禁止伝説のパワーで押し切るルールだそうで、そのためにも、禁止伝説のスペック確保+禁止伝説のための構築・立ち回りが大事とのこと。
その意見には概ね同意できますし、実際この大会でこのPTを使ってみて、僕もその言葉を痛感することになりました。

基本的にパルキア+ゲングラの攻撃補完が異常に良いので、グラードンの項目でも触れましたがこのPTはとにかく爆発力があります
追い風で場作りした状況で禁止伝説が2枚並べた、平然と2-4からひっくり返すこともザラにあったり()
とにかく禁止伝説の強烈な性能を全面に押し出していくことで、相手を押し切っていく攻撃的なPTになります。

基本選出は特にないですが、GSルールは大体が禁止伝説+メガ枠@1で選出するので、あまり必要無いと思います。
それよりも先発で誰を出すか+どうプレイングするかが大事になるかと。
先発はガルーラ+パルキアが多かった印象、猫騙し+眼鏡パルキアの動きがパルキアの行動回数を稼ぎやすく、単純ながら非常に強力でした。
ゼルネオーガ等パルキアを後発で控えさせたい場合は、先発クロバ+グラードンでガンガン追い風を展開していきます。

マンダ+ゼルネの並びがパルキアの障害になりやすく、トップメタのグラゼルネ軸にはよく組み込まれているので、対戦の際に注意しておきましょう。

PTの最高レートは1717だったかな?
2日目までは勝率7割近くあったんですが、最終日(厳密には3日目)に気を抜いたプレイングが目立ち、泥沼の連敗をしてしまって最終レートは1621でした…。
詰めが甘いのはよくないですね…ポケモン達は頑張ってくれたので、申し訳ないです。

構築からプレイングまで、一緒に頑張ってくれたしるべ君にはこの場を借りて最大限の感謝を。


以上になります。

やはりGSルールは楽しいですね。
まさにポケモンバトルの集大成、トップメタはいるもののメタになりえるポケモンがいるのは素晴らしいです。
ドーブルがいなければもっと楽しいと思うよ。
スペレもやっているので、こちらはホウオウ軸で引き続き頑張っていきたいと思っています。

久しぶりの記事になりましたが、やっぱポケモンは楽しいです。
社会人になりたてで、どうしても日々の業務で精一杯…対戦の時間を作ることが難しいですが、休みの日や平日の寝る前の少しの時間を活かして、ちゃんと続けていければと思っています。
対戦時間が短いというのもあって、GSルールとシングルがメインになるのかな?
個人的に複数ルールの方が好きなので、なんとかそちらをやっていきたいところではありますが…。
なんとか月一更新は最低でもこなしていきたいと思いますので、このブログを見てくださってる方はどうぞこれからも応援よろしくお願いします。


そんじゃまた


P.S.
僕の持ってる禁止伝説の個体って…大体友人だったり後輩だったりから搾取してんな…。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://micchi14226.blog.fc2.com/tb.php/154-84a4cdfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。