FC2ブログ

ミッチーの日常風景

だらだらと綴るのみ。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【単体考察】DSスカーフカミツルギ君

どうもミッチーです。

今回はなんとなーくカミツルギ君の話。
798.png 
ナットと同タイプの優秀な耐性と高いSラインのお陰で、耐久値のわりに後出しとかも結構できちゃうポケモン。
耐久振りのスカーフでカミツルギ君を使っていたのだが…使用感がすごく良かったので、少し考察してみた。
メモ程度に走り書きなので、あくまで参考までに。



カミツルギ ビーストブースト 
しんちょう 142(60)-201-151-71-91(252)-154(196) 
リフブレ/スマホ/?/?@スカーフ
 
【調整】 
リフブレで無振りガブリアス高乱数2(96.5%)(49.1%~57.9%) 
カプ・コケコの[EF有]Z10万ボルト確定耐え(83.8%~99.2%) 
カプ・テテフの[PF有]眼鏡サイキネ高乱数耐え(25%)(88%~103.5%) 
S
最速86族(FCロトム)+3
準速101族(霊獣ボルトロス)+1 
※最速ドリュと同速 

 ※その他参考値 
霊獣ランドロスのA216鉢巻地震乱1(12.5%)(85.2%〜101.4%)
ゲッコウガのC155変幻自在+珠冷凍B確定耐え(79.5%〜94.3%)
ゲッコウガのC155水Zハイドロカノン確定耐え(67.6%〜79.5%)→激流入ると確1
メガルカリオのC192適応力真空波乱1(50%)(92.9%〜109.8%)

性格慎重のATとは一体。
少々不格好だがDSベースの配分。
極端な種族値なのでこういう配分もアリなのが中々に新感覚。
高速ATとしては、ある程度信頼できる耐久を確保したスカーフカミツルギ。 
KP上位組のランド・ミミッキュ・ゲッコ・コケコ・レヒレ辺りによく刺さると考え、強みを活かせる配分を考察した。 


(配分について) 
優秀な耐性と一発は耐える耐久から、後だし・先発・最後の全抜きまで幅広い場面で運用可能な「サイクルに参加できる高速鋼タイプ」を目指した配分。 
まず、Dのラインを仮想敵であるコケコのフィールドZ10万耐えにまで伸ばした。
これによりあらかたの等倍特殊は耐えられるようになると判断し、残りを全てSにぶっぱ。
 
以前、一撃やWCS対戦実況で有名な某有名実況者さん(ユキトド時代からファンです!)が採用されていた慎重HDスカーフを趣味で運用していた際、 
・Dラインの高いカミツルギの扱いやすさ 
・Sラインの低さからくる使い勝手の悪さ 
上記2点を感じたので、自分好みの配分に変えようとしたのが考察の出発点。 
最速ドリュと同速のS、テテフの眼鏡サイキネで乱数が絡む等細かい部分が未完成なので、プレイヤーの好みに合わせて微調整の必要があると思う。 
個人的にはSラインをFCロトム抜きまで落として、耐久に割いてもいいと考えている。 
(霊獣ボルトの相手は難しい+Zの採用率が高い、テテフのサイキネは耐えておきたいため。)
 


(技構成) 
技は一致技2つを固定させて、あとはテキトーに。 
叩き落とす(or辻斬り)・聖剣・ギロチンあたりが順当に入ってくるだろうか。
但しギロチンについては、ガルドやナットが仮想敵と組んでいることが多いので、打点を考えると優先度は低め。



僕はメガゲンガーやリザードンと組ませてサイクルしつつ殴り倒すPTにしていたが、バシャやリザと組ませもそこそこ強いのではなかろうか。
なんといってもミミッキュに強いのがポイント。

構築に組み込めそうな場面があれば、今後も使っていきたい。
短いけどまぁこの辺で。


そんじゃまた



















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。