FC2ブログ

ミッチーの日常風景

『ガブリアスとは民衆に祀り上げられた伝説のポケモンである』 ポケモンのこととか書きます。 更新頻度は月一以上を目標に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿バンギ構築 PT考察

今回は自分が一番ガチパとしてよく運用しているPTを今日は紹介します。

無印BWから使ってるやつで現環境にはあんまり刺さってないかもしれないんだけど、一応保存用半分で載せておこうと思いましたので、とりあえず書いとくwww

まぁまだポケモン初めて半年しか経ってないニワカ勢なんで、アドバイスやお叱りの言葉があれば是非お願いします!

※ダメージ計算についてはトレーナー天国さんのダメージ計算ツールを採用させていただいてますので、他計算ツールをお使いの方は多少の誤差が生じるかと思いますが、ご了承ください。

【コンセプト】
某有名実況者さん(いぬ○みさん)の使ってたバシャバンギを参考に作ったPT
バs・・猿を受けにきたシャンデラやラティオスやクレセリアをバンギ後出しで受けるのが目的
バシャと違って猿には耐久があまりないため的確に行動しないとすぐに猿が落ちるのが難点
結構猿とバンギを同時に出す機会は少なく、選出で圧力をかけていく感じ

また、現環境の火力インフレにより(霊獣とか死・・ゲフンゲフン)エースの猿で全抜きを狙うことはできなくはないけど余り機会は多くない。
よって、PT全体で圧力をかけていきながら優秀な技範囲で最後のフィニッシュor先発で1~2体持って行って残りを他のメンツで処理or全体的にPTが苦手とするポケモンを猿が処理する
といった感じでPT全体でダメージを稼いでいくイメージになる。

【メンバー】
※基本理想個体ですが、中には孵化産の個体もいるのでそのときは記述します。

blog_import_50461109e5385.jpeg
ゴウカザル もうか
むじゃき S252 A124 C132
個体値:31-30-30-31-31-31
実数値:151-139-91-141-81-176
インファイト/だいもんじ/めざめるパワー氷/ストーンエッジ@珠

テンプレのゴウカザル
サルバンギのエースで、S108族からの豊富な技範囲で負担をかけていく。
火力は特別高いわけではないので過信は禁物、リスクを避けて堅実に立ち回る必要がある。
草結びとストーンエッジはコロコロ返るけど、草結びの範囲であるブルンやヤドランからは基本的に引く上PT的に有効打のあるポケモンは多いのでそちらに任せる
PT的にガモスが重いので、その意味でもめざ氷と範囲がやや被るエッジをあえて採用。
【調整】
珠インファイトで無補正H252振りヒードランを確殺
珠エッジで無補正H4振りボルトロスを高乱数1(93.8%)
珠エッジで無補正H72振りギャラドスを威嚇込み確2
珠文字で無補正H252D196振りメタグロス(H187-D135グロス)を確殺
珠めざ氷で無補正H4振りガブリアスを確殺


blog_import_5046110b76206.jpeg
バンギラス すなおこし
いじっぱり H204 D60 A246
個体値:31-31-31-31-31-18
実数値:201-203-130-103-128-75
ストーンエッジ/おいうち/冷凍パンチ/ステルスロック@悪ジュエル

テンプレのバンギラス。上記の某実況者さんが○国杯予選にて使用してたものを、技構成努力値そのままに作らせていただきました。
サルバンギの中心で猿の苦手なシャンデラやラティ、クレセリアを後出しから狩る。影踏みオバケ?知るか(^^)
攻撃に努力値を割いているので耐久に過度な期待はできないものの非常に落ちにくいので頼りになる。
ただし猿→バンギと安直に行くとラティの眼鏡波乗りは2連耐えできないので読まれないように工夫が必要。
厄介なタスキ持ちがいるときはステロを撒くことも可能、ガブ用に一応冷凍Pを入れているが、ガブは基本的に他のポケモンでカバーしていく。
※Sだけ個体値が18しかないでありますwwwミスったwwwwwwwwwwww
【調整】
ラティオスの無補正C252振りメガネ流星群2連耐え
ガブリアスの無補正A252振り地震確定耐え
シャンデラの無補正C252振り文字→めざ闘確定耐え
ジュエル追い討ち+砂ダメ2回込みで逃げない無補正無振りラティオス確殺


blog_import_5046110cbfe8c.jpeg
ユキノオー  ゆきふらし
ひかえめ C252 S252 H4
個体値:31-22-31-26-31-15
実数値:166-97-95-156-105-104
ギガドレイン/吹雪/気合玉/守る@襷

特殊一刀型のノオー。
猿バンギの苦手な雨パやWロトム、ラティガブ等のドラゴンを強く牽制できるPTを影で支える重要なポケモン。
選出率も非常に高く、襷による安定感もある。
WロトムはPTに後述のランターンもいるのである程度牽制できればおk、竜狩りと天候を同時に見る意味で特殊型を採用した。
ニョロトノへの打点を考えてウドハン採用も考えたけど、守るも含めて襷を大事にしたかったのでギガドレ採用。
鋼への打点としての気合玉、個人的に襷ノオーには必須技だと思っている守るを残りのスペースに。
こいつが入っているせいでPTが非常にガモスを呼びやすい点は立ち回りでカバーが必要。
SとCがVついてないのは痛いので今後作り直すかも。
※孵化産なので個体値は曖昧 CSなのにS個体粘らないとかwwwwwwwwwwwww
【調整】
吹雪で無補正H4振りラティオス確殺
ギガドレで無補正H252振りWロトム確2
ギガドレで無補正H252振りニョロトノ確2


blog_import_5046110e17535.jpeg

ヤドラン さいせいりょく
ずぶとい H252 B252 C4
個体値:31-0-31-31-10-16
実数値:202-72-178-121-90-43
サイコキネシス/冷凍ビーム/だいもんじ/でんじは@ゴツメ

バンギとノオーが呼ぶ格闘を意識して、格闘受け要員として採用。
一般的にはBを調整してCにもある程度努力値を割き、素晴らしい技範囲を有効活用するのが普通のヤドランなのだが、特に考えなしにぶぱしてしまった/(^o^)\ナンテコッタイ
なので火力を補うためにゴツメを採用・・・まぁそのうち作り直すと思うよwww
PTに電磁波を撒けるポケモンがいなかったのでこいつに搭載。
なまけるは最初採用していたものの、PTが交代戦寄りであることと、回復量が再生力での分で割と足りること、なまける読みで剣舞されたりしたほうがよっぽど辛いこと等から切ることに。
熱湯は未だに採用するか迷ってるとこだけどナットとのラス1対面になったときに有効打が欲しいので一応大文字を採用。
※孵化産なので個体値は曖昧 Dの個体値がwwwwwwwwwwwwwwwwww
【調整】
大文字でD特化ナットレイ確2
サイコキネシスで無補正無振りバシャーモを乱1(37.5%)
バシャーモの補正込A252振りシャドクロ確3


blog_import_5046110f7af46.jpeg
ランターン ちくでん
ずぶとい H252 B252 C4
個体値:31-30-31-30-31-30
実数値:201-70-121-127-96-87
ハイドロポンプ/10万ボルト/冷凍ビーム/めざめるパワー炎@眼鏡

物理特化眼鏡ランターン。
技構成としてはボルトチェンジを切って、竜と草への交代読みで撃てる冷Bを採用することで、物理受けWロトムとの差別化を図ったつもり。
炎水電気を受ける役割だが、元々PTが呼びやすいWロトムをユキノオーとセットで牽制でき、PTの苦手な化身ボルトに後出しから有利な状況を作れる。ノオーとバンギが呼ぶハッサムも型次第で一応見れる。
無補正無振りS31ハッサムより無補正無振りS30のランターンのほうがSが1実数値が上なのでS無振りかどうか見分ける判断材料になる。
眼鏡をもたせた火力のおかげで、一般的なD調整のウルガモスを蝶舞込みでもドロポン2発で狩れるので、ガモスを見たら初手コイツでもいいこともw
また、耐久型が有名なので挑発が飛んできたりすることもあり非常にオイシイ!
【調整】
霊獣ボルトロスの補正込C252振り気合玉を確定耐え
ハッサムのA特化テクニ虫食い確定耐え
メタグロスの補正込A68振り(A180グロス)思念確3
眼鏡ハイポンで無補正H252D196振りメタグロス(H187-D135グロス)確2
眼鏡めざ炎で無補正H108D168振り(H159D121無補正C252ラティの流星2連耐え調整)ハッサム確殺
眼鏡10万で無補正H252振りニョロトノ低乱1(18.8%)


blog_import_50461110c063a.jpeg
ヨノワール プレッシャー
いじっぱり H252 A204 B44 D4
個体値:31-31-31-31-31-31
実数値:152-160-161-76-156-65
地震/影討ち/冷凍パンチ/炎パンチ@帯

猿バンギの並びに加えてランターンがいることで砂パをPTが呼びやすく、その対策のために採用。
バンギに地震、ガブに冷P、ドリュに地震を打つことができ非常に砂パに強い。
またナットレイやハッサムに対しても炎のPを打て、ラティにも流星を一発耐えて影討ちを入れることができ、何かと便利なポケモン。
ヘラクロスは後出しから流せる上、タイマンでも辻斬りが急所に当たらない限り負けることはない。
ただし、炎Pに関しては役割対象である両者とも引くことが多いため、鬼火や痛み分け等の補助技に変えることも考慮していいかも。
持ち物はとりあえず帯、ゴツメが余れば物理に対する確定数を変えられるので採用もあり。
【調整】
帯影討ちで無補正H4振りスターミーを確2
帯冷PでH4振りガブリアスを低乱1(18.8%)→影討ちで確殺
帯地震で無補正H252バンギラスを確2
帯地震で無補正H4振りドリュウズを高乱1(87.5%)
帯影討ちで無補正H4振りシャンデラを確2
帯地震で無補正H4振りテラキオンを確2→影討ちで最低乱数以外確殺
ガブリアスの無補正A252鉢巻逆鱗確定耐え
ハッサムのA特化バレパン確3
バンギラスのA特化噛み砕く確定耐え
ラティオスの無補正C252珠流星群確定耐え 眼鏡だと乱1(43.8%)
シャンデラの補正込C252シャドボ確定耐え
テラキオンの無補正A252剣舞エッジ確定耐え




【総論】
PT全体としてウルガモスと砂パをよく呼ぶ傾向にあった。
前者は猿・バンギ・ランターンでカバー、後者はノオーとヨノワでたいたい対処できる。
また、全抜きされたり詰んでしまったことはないもののローブシンが全体的に重くなりがちなので、PT単位で圧力をかけていくようなプレイングが要求される。
特に砂パとローブシンは一緒に出てきやすいため、両方に圧力をかけられるヨノワール、砂を無効化しつつ襷を維持できるノオー等を生かしていくことが重要だと思われる。

勝率はそこそこ高い印象で非常に回しやすいPTなので個人的にすごく気に入っており、一番信頼をおいているPTでもある。
個々の火力が高いわけではなく、弱点をついたり交代を読んだりしてサイクルの中でジワジワ削っていくのがメインであるため、猿の荒らしが非常に生きるようになっていると思う。
ヨノワールやユキノオー等も最後のフィニッシュ役になれるので、いかに荒らしつつ相手のサイクルを崩していけるかが勝負になってくる。

弱点としてはSの早いポケモンが猿しかいないため上から殴られやすいことと、補助技を絡められるポケモンが少なく、催眠対策もあまりできていことかと思う。
Sが早いポケモンが少ない分一方的に殴られることになる場合があり、また先制の電磁波や催眠等でPTを崩されると弱いので、崩れるときは一瞬で崩れるPTだなという印象をもっている。

PTの地面と草の一貫性・状態異常への弱さ・Sの早いポケモン不足等を考慮して、ヨノワールをヘドゲン型のゲンガーに変えてみることを検討中・・・。
ヨノワールは非常に重要な役割をもつだけに考察は慎重に行いたいところ・・。




考察はこんな感じかな?


これからちょくちょくPTだったりポケモン単体だったりの考察を書いていくかもしれませんww

まぁとりあえず復帰しましたんで・・生存報告もかねて記事を書いた次第でした!
アドバイス等ございましたら是非コメントお願いしますね!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://micchi14226.blog.fc2.com/tb.php/88-f30717cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。