FC2ブログ

ミッチーの日常風景

『ガブリアスとは民衆に祀り上げられた伝説のポケモンである』 ポケモンのこととか書きます。 更新頻度は月一以上を目標に。

【時はきた!】新生猿バンギ 完成【レートデビューパ】

どうもミッチーです。


少し前に行われた山口大学主催のオフ会も、おかげさまで無事終了しました。
参加してくださった皆さん、貴重な時間を本当にありがとうございました。
貴重な体験になりましたし、ガチ環境への興味がさらに深まりました。
レートへの参戦も自分の中でもう決めています。


さてさてポケサーCSにて使用したガチパである猿バンギに限界を感じ、砂ドリュに手をだして急遽PTを変えて望んだオフでしたが、結果は

「惨☆敗」

でしたwwwww

どうも使い慣れませんね・・・環境のトップに君臨するポケモンの一匹として名高い砂ドリュウズですが、ボクにはどうも使いこなせませんでした・・・。
自分のプレイングの甘さは勿論なのですが、やはりカバドリュとバンギドリュでは勝手が違ったのか、それとも皆様の対策が素晴らしかったのか・・・ロクに活躍させてあげられずオフでは散々でした・・・・。

天候パは今まで雨以外全ての天候パを使ったことがあるのですが、特に砂パは割と頻繁に使っていたので、ここまで回らないのも意外だったのですが・・。
バンギドリュに関しては

・最近大流行のテクニガッサでほぼ完全に機能停止
・Wロトムや霊獣ランドの一貫性
・弱点が被りすぎて同時に選出できる機会がほとんど無い
・砂ドリュの選出を抑えられてしまった時点でPTのうち残り4匹から選出せざるをえない状況になってしまう

等がボクの感じたウィークポイントでしょうか。
それを補うべくバンギドリュの場合は、バンギラスをスカーフにしたり、ドリュウズにタスキを持たせたりするんですが・・・どうも交代戦の中で相手の技を受けつつ攻撃する一種の受けループ的な思考が強いボクのプレイスタイルでは、どうもバンギラスの耐久を下げてスカーフを持たせたりすることに抵抗があるらしく・・・・。
ポケモン教えてくれた会長のこうさんが役割論理の論者なので耐久と火力に振りがちなのはヤツのせいだ・・きっとそうだそうしておこう(´ω`)
とにかくまぁ・・そこで考えたのがバンギドリュにムドーを組み込むことでガッサ等に厚くする+バンギムドーとしての選出も考えていく・・という構築だったんですが、これが見事に刺さらず、非常に苦しい戦いを強いられていました。
ほとんど残りの3体を常に選出していた感じですね・・・。
バシャーモとローブシン重すぎワロタ(´・ω・`)
霊獣ランドを受けられるんだしまだまだムドーもワンチャンって思ってたんだがなぁ・・やはりブルンとかヤドランの方がいいのだろうか。


そんなわけで結局猿バンギは環境的に無理だとか猿は現環境だとオワコンとか散々にdisっていましたが、使い慣れた猿バンギをなんとか生かせないだろうかと、またまた舞い戻ってきて考察し直すことにしました。
最初は思いっきり人のパクリで始めたPTだったけどいつの間にか愛着沸いた自分のPTになってたのかもしれませんね・・・・ゴウカザルさんごめんよ・・・。(ご都合主義)

てなわけでまずは猿バンギの弱点と改善案をまとめていきます。

<旧猿バンギの弱点>
・グロスのぶっ刺さり具合
バンギラスとノオーに有利で、ヨノワールの地震も大したダメにならず消耗させられる上、振り方次第ではB特化のランターンですら思念でゴリ押しされてしまう相手。
猿はタイマンなら余裕とはいえそもそも居座らないし、後出しじゃ受からないので、ヤドランを選出するのがほぼ必須になるのはなかなか辛かったです。

・スカーフに弱い
元々あまりSに振ったポケモンを使ってない(だから俺のせいじゃn・・ウワナニスンダヤメロ)というのもあるのですが、素早いポケモンが圧倒的に多いこの環境においてスカーフによる素早さ補強というのは非常に大切だと思い知らされました・・。
確かに受けも強いんですが、やはり上から試行回数を稼げるというのはそれだけで非常に有利ですね。
特に高速紙耐久の猿がステロやら味方の天候ダメやらで耐久ゴリゴリ削られてスカーフでアボンする試合はかなり多かったかと思います。
特にスカガブはノオーの襷が潰れた時点でほぼ詰んでましたwwww
馬鹿力持ちのスカーフサザンとかにPTを半壊させられたりもしましたね・・・・。

・草と地面の一貫性
草弱点→バンギ・ランターン・ヤドラン
地面弱点→猿・バンギ・ランターン
これを少しでも克服するためにヨノワールをゲンガーに替えるかどうかを最後まで迷ってたんですが・・やっぱ変えたほうがよかったのかなぁ・・・。
草以上に猿バンギ両方にぶっ刺さる地面は非常に厳しいものがありました。

・ヘラクロスが重すぎる
なんといっても本来格闘受けをするはずのヤドランが受けられないのがデカい・・。
ヨノワールは後出しからヘラクロスが辻斬り急所引かない限りほぼ確実に処理できるんですが、以前日記に書いた通りヨノワールに頼りきりになってしまい、ヘラまで受かるほど余力が残っていないことが多かったです。
スカーフヘラは猿も蹴散らされますし、根性型の火力は洒落になりませんでしたね・・。
スカーフ自信過剰ヘラとかはヨノワールすら後出しできませんでしたwww

<猿バンギ改善案>
①スカーフランドロス(化身)の採用
今回の目玉といってもいい補強です。バンギランドの組み合わせとしても有名で今後は猿バンギランドと呼ぶことになるかもしれません。
・猿バンギの辛いガブリアスや地面全般・中速スカーフ軍団にも強い
・タイプが優秀で格闘をある程度受けられる(ヘラは完璧に止まる)
・天敵バシャーモに有利(めざ氷打つ前に上から殴れます)
・単体運用可能でバンギや猿と相性補完が良好
などが主な採用理由です。
元々友人が使っていたバンギランドを自分も使ってみたくなったというのもあるのですが・・ww
中でも特に魅力的だったのは、バンギランドの長所である弱点・苦手な相手の補完ができる+それぞれ単体で運用することもでき(むしろ同時選出はあまり多くないと聞きました)選出の自由度が高いという点で、ボクのプレイスタイルに非常にマッチしているように感じました。
最近これまた大流行していて、バンギランドの天敵であるマンムーに対してゴウカザルが圧力をかけられればPTでかなりの補完ができるのでは・・と考えての猿バンギへの採用です。
バンギランドに猿突っ込んだだけじゃね?・・・・・うるせぇ(^^)

②水タイプの一貫性によりユキノオーを続投
最初ユキノオーは外そうと思っていたのですが、ランドを入れることにより雨パへの対策がよりいっそう必須になること、猿・バンギ・ランドに対してWロトムが非常に重い+ラティオスの眼鏡波乗りの一貫性が非常に高くなることなどから、水技を受けられて雨対策としても活用できるポケモン・・・となるとやはりユキノオーしかいませんでした。
猿バンギに対してノオーは相性補完抜群ということでしょう。
めざ炎にだけは注意ですがwww

③格闘・対ドラゴン(現在進行形で考察中)
ランドが入ったとはいえ高火力な格闘は猿・バンギ・ノオーに対して圧倒的な圧力がかかります。そこで格闘受けのポケモンを採用する必要があります。
また、環境の中心として常に君臨し続けているドラゴンポケモンへの対策もしっかりと行う必要があります。
理想は後出しから受かるポケモンですが、最悪PT単位で圧力をかけながらタイマンで1対1交換ができればそのポケモンは十分仕事をしたといえるでしょう。
後述しますが、今回試験的に組んでみたPTでは格闘受けの枠にブルンゲル、ドラゴンへの牽制をするとともに格闘対策・・特にブルンゲルで受からないテクニガッサ対策としてカイリューを採用しました。
竜を後出しから受けられるグロスやハッサム、Wロトム対策にもなりバシャーモ等の厄介な格闘にも安定して繰り出せるラティアス等も候補として考えていて、色々PTを使ってみながら改良を加えていきたいと思っています。



それでは、試験的にではありますが完成した新生猿バンギのPTを紹介したいと思います。


【メンバー】
※全て乱数産のポケモンです。

blog_import_50461109e5385.jpeg
ゴウカザル もうか
むじゃき S252 A204 C4 H20 B28 D4
個体値:31-31-31-31-31-31
実数値:154-150-95-125-81-176
インファイト/オーバーヒート/とんぼがえり/アンコール@風船

風船により繰り出し範囲を広げ、とんぼを使って器用に立ち回るタイプのゴウカザル。
エースとしてではなく、PTの手が届かない相手を処理する役としての活躍に期待。
拘り地震や補助技・積み技に対して繰り出しアンコールすることで状況有利を作りながら後続に繋ぐ。
今の環境においてアンコールがあまり読まれないのではないかと考えて採用してみた。
対面からなら一応テクニガッサの珠マッパを耐えつつ焼ける。
Sは当然最速、Aは実数値150になるように調整(10n)、オバヒの威力を落としたくなかったのでDに下降補正。
残りでガッサの珠テクニマッパ耐えをしようとしたので耐久振りが少し特殊になってしまった・・・。
【調整】
インファで無補正H68振り(H175)テラキ確殺
インファで無補正H152振り(H204)マンムーまで確殺
インファで無補正H252振りズキン乱1(25%)
インファでB特化輝石ラッキー確2
蜻蛉返りで無補正H4振りラティ確2
オバヒで無補正H236D100振りハッサム(無補正眼鏡ラティの流星2連耐え)をオッカ込み確殺
オバヒでD特化ナットレイ確殺
ガブの無補正Aぶっぱ逆鱗最高乱数以外耐え(6.3%)
ガッサの補正込珠テクニマッパ確定耐え


blog_import_5046110b76206.jpeg
バンギラス すなおこし
しんちょう H252 D204 S12 A40
個体値:31-31-31-31-31-31
実数値:207-159-130-103-160-83
いわなだれ/おいうち/どくどく/まもる@残飯

ギリギリまで鉢巻バンギラスや以前から使っている悪ジュエルバンギラスと迷った結果、バンギドリュムドーの時に使用した特殊受け型のバンギラスを採用。
PTに鋼タイプをいれてラティに厚くするなら鉢巻もアリかもしれないが、猿バンギランドがラティの眼鏡波乗りやWロトムのハイドロポンプの一貫性を生むので試験運用としこの型を入れてみた。後述のブルンゲルと受けループもできるし状態異常を撒けるのは貴重なので意外とハマるかもしれない。
Aに割く努力値があまりなかったのでおいうちの火力はあまり期待できない。
Sは気持ち程度振っただけで、Aは努力値が4だけ無駄になってるけど気にしない!(端数Bに振り忘れてたww)
【調整】
ラティの無補正眼鏡波乗り確3
ラティの無補正眼鏡流星群3連耐え調整
ガモスのC特化さざめき低乱数2(5.9%)
ガモスのC特化珠さざめき確定耐え
ガモスのC特化蝶舞+珠さざめき確定耐え
霊獣ボルトのC特化気合玉確定耐え
ボルトの無補正珠気合玉乱1(18.8%) 帯なら確定耐え
パルシェンのC特化殻破ハイポン確定耐え
S無振りバンギ抜き抜き調整


ランドロス
ランドロス すなのちから
ようき S252 A220 H20 B12 D4
個体値:31-31-31-31-31-31
実数値:167-173-112-108-101-168
じしん/いわなだれ/とんぼがえり/げきりん@スカーフ

新生猿バンギのキーになるポケモン(こいつの前に徘徊の連中の乱数すんのマジ面倒だったんだけど・・・。)
優秀なタイプ耐性による格闘への繰り出し、猿とバンギ両方に刺さる地震への牽制、高いSを維持しながら火力と耐久を両立できる等単体でも非常に優秀なポケモン。
基本的にムクホークとかこいつみたいに素早くて耐久もあるってのはボクのプレイスタイルにマッチしやすいのかもしれない。
逆鱗の採用理由は、ガブやラティを殴れて等倍範囲も広いのでオススメと友人に勧められたのでww
霊獣にしなかったのは化身なら最速スカーフで舞ガモスを抜けるため。あとARサーチャーないから霊獣手に入らないんでwwwwなんか乱数の仕方よくわからんしwwwww
Sは先述の理由から最速、攻撃に無補正だったので、最低限の耐久を確保してAに多めに配分してみた。
【調整】
H実数値167 8n-1調整 状態異常・宿木ダメ最小
砂の力地震でH4振りガブ(H184-B115ガブ)確2
蜻蛉返りでH4振りラティ(H156-B100)確2
逆鱗でH204振りガブ(H209ガブ)確2
逆鱗でH4振りラティ(H156-B100ラティ)確殺
岩雪崩でH4振りボルトロス確2
ドリュの無補正A252剣舞+珠岩雪崩ステロダメ込で確定耐え
ドリュの補正込A252珠恩返しステロダメ込みで確定耐え
バシャのA特化珠飛び膝乱2(88.7%)
バシャの無補正A252バシャの珠飛び膝低乱2(10.5%)
テラキの無補正A252珠エッジステロダメ込確定耐え
ラティオスの無補正C252流星群最高乱数以外耐え(6.3%)


blog_import_5046110cbfe8c.jpeg
ユキノオー ゆきふらし
おっとり C244 S248 A12 H4
個体値:31-30-31-30-31-30
実数値:166-113-85-156-105-111
ギガドレイン/ふぶき/めざめるパワー炎/こおりのつぶて@襷

猿・バンギ・ランドが呼ぶWロトムに強く、耐久水や竜にも有効打があるPTの弱点をカバーできる優秀な補佐役。
おそらく今回も過労死寸前まで働かされると思われる。
電気も受けられるのでブルンゲルとの相性もそこそこいいかな?
襷のユキノオーは守る必須だと個人的に考えているけど、今回は氷の礫のスペースを考え勇気を出して不採用。
せっかく新しい猿バンギだしノオーも少し新しいことに挑戦しようということでw
耐久水がPT的にやや重いようなら宿木守る型を入れてみるのもいいかもしれない。
めざ炎は最近鉢巻が熱いと聞くハッサムや、個体数は減少傾向なものの未だに出会うと厄介なナットレイピンポでの採用。
どうせSがVじゃないのと、礫持ちを使ったことがなくて威力が心配だったのでほんの少しだけどAに努力値を割いてみた。
ほぼぶっぱなので調整は特に無し。下の数値は参考値。
【調整】
吹雪+めざ炎でH252D4振りナット確殺
めざ炎で無補正H108振りハッサム(H159ハッサム)確殺
S実数値111 準速60族-2


ブルンゲル
ブルンゲル のろわれボディ
ずぶとい H228 B252 C4 D4 S20
個体値:31-6-31-31-31-31
実数値:204-61-134-106-126-83
なみのり/おにび/じこさいせい/ちょうはつ@オボン

格闘受け枠のブルンゲル。後述するカイリューとコイツは今後特に入れ替えが頻繁にあるかもしれない。
ヤドランにしなかった理由はブシンのドレインパンチをスカせるから。技に当たらなければ回復もされない。
ただしそのぶんヤドランより物理耐久は劣っている+再生力が無いのでループの性能は劣る。
またヤドランと違い種族値が足りてないので、テラキの珠+剣舞等のように高火力格闘がさらに積んだときは割と後出しできない場合があったりする・・・というわけで今回のオボン型。
とりあえず1回は確実に後出しできるようにすることで鬼火を入れたり自己再生をする猶予が生まれるのはデカいのではないかと。
根性持ちを迂闊に状態異常にっせないため+Cにほぼ振ってないので火力を少しでもあげるために熱湯ではなく鬼火と波乗りを採用。
挑発を入れるならもっとSに振ったほうがいいのかもしれないけどB下げたくなかったので妥協。
PTが水呼ぶんだしいっそ貯水もワンチャン・・・?
【調整】
H実数値204 4nオボン効率重視
カイリューの無補正A2521舞逆鱗オボン込確3
バシャのA特化珠シャドクロオボン込確3
ブシンの補正込A236振り(A209ブシン)雷Pオボン込確3 根性発動でオボン込確2
テラキの無補正A252珠エッジオボン込確3
S4振りバンギ(61族)抜き調整


カイリュー
カイリュー マルチスケイル
ようき S252 A252 H4
個体値:31-31-31-31-31-31
実数値:167-186-115-108-120-145
げきりん/しんそく/炎のパンチ/ねごと@鉢巻

選出段階で相手の竜に圧力をかけられ、バシャーモも牽制可能、ブルンゲルが受からないガッサも見れる便利でかつ優秀なポケモン。
竜舞型は持っていたんだけど今回新たに鉢巻型を作成。耐久とかSとか調整してる人が多かったけど調整する理由とかメリットとデメリットがハッキリしなかったのでとりあえずASぶっぱにしてみた。
カイリュー使いの方、いろいろ教えていただければ幸いです。
最速にした理由は同族を強く意識したため。鉢巻逆鱗なら高乱数でマルスケ貫通可能。
サブウェポンはガッサを意識して炎Pを採用、寝言もガッサを意識しての採用。PTの催眠対策が甘いため寝言は使う機会が多そう。
せっかく猿のアンコやバンギランドブルンのループ等、相手の隙を作りやすいPTだと思うので竜舞型もアリか?
試験的に運用してみているので今後入れ替えたり型変更もあるかも。
ASぶっぱなので調整は特に無し。下の数値は参考値。
【調整】
端数振り兼H8n-1調整 状態異常ダメ最小
鉢巻逆鱗で無補正H4振りカイリュー高乱1(87.5%)
鉢巻逆鱗でB特化スイクン超高乱数2(99.61%)
鉢巻逆鱗でB特化ブルン確2
鉢巻逆鱗でB特化ヤドラン確2
鉢巻神速で無補正H4振りキノガッサ確2
鉢巻炎Pで無補正H4振りキノガッサ確殺
ドリュのA特化剣舞+珠岩雪崩マルスケ込確定耐え
グドラの無補正C252珠流星群確定マルスケ込確定耐え
ノオーのA特化氷の礫霰ダメ込確定耐え




今回はこんな感じ。とりあえずこのPTでレートデビューしてみようと思います。
でもって環境とかPTの弱点とか考えながらポケモンを入れ替えていく感じでいこうかなと。
今の所の不安材料としては
・鋼がいないので、とりあえず竜に対して投げておけるポケモンがいない。
・鉢巻ハッサム大丈夫・・?
・スカサザン半分切ってるけど大丈夫・・・?
って感じですかね。
まぁサザンはカッコいいからボコられても気持c(ry


まだまだニワカ勢なので、アドバイス・ご意見等ございましたら是非コメントお願いします!






そんじゃまた

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://micchi14226.blog.fc2.com/tb.php/92-4c737243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad